FC2ブログ
18
2017

ローガン

CATEGORY映画-米







本日は仕事で予約投稿です。
柏戦は見逃し観戦して感想は明日! 
つー事で詳細レポートはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府にほんブログ村/サッカー/柏レイソル ご参照下さいな。



ローガン01ローガン02
近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。
治癒能力を失いつつあるローガン(ヒュー・ジャックマン)に、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は最後のミッションを託す。
その内容は、ミュータントが生き残るための唯一の希望となる少女、ローラ(ダフネ・キーン)を守り抜くことだった。
武装組織の襲撃を避けながら、車で荒野を突き進むローガンたちだったが……。



2029年のアメリカ。
既にミュータントの殆どが死滅していた。
リムジン運転手として生計を立てるローガンに往年の姿はもう無い。
稼いだお金で非合法に買った薬 ―― それは同居する衰えたチャールズ・エグゼビアの発作を防ぐためのもの。

ある日、メキシコ人看護師ガブリエラから一人の少女 ―― ローラの庇護を求められる。
拒絶するローガンだったが、武装組織の襲撃の最中、ローラの手足から伸びてくる爪と、彼女の途轍もない戦闘能力を眼にする事になる。
彼女こそがローガンのDNAから生まれたミュータントだった。
ローガン、ローラ、チャールズ・エグゼビアの疑似家族の逃避行が始まった。


冒頭から一気に老け込んだ感が強い、本当にくたびれたローガンが登場する。
タイトルを「ウルヴァリン3」ではなくて「ローガン」にした意図がこの容貌から伺えた。
これはミュータントではなくて一人の男の終焉の物語なんだなと。

過去の物語で、限りなく人間との関係性を遠ざけてきた感のローガン。
それが能力が失われつつある状況になって、人間的衰えを実感した。
3人の逃避行で初めて憶える感情。
そしてそして最後の最後で・・・・・(ネタバレ)。
そこは万感だったかな。
ちょっと変わった人間ドラマで「ウルヴァリン」のエンディングです。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment