13
2017

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

CATEGORY映画-米








雨の日は
ウォール街のエリート銀行員ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は順調に出世し、リッチで何不自由のない生活をしていた。
ある日、交通事故で美貌の妻が他界するが、涙を流せず、感覚を失っていることに気付く。
彼は義父の言葉をきっかけに、身近なものを壊し始め……。



エリート金融マンのデイヴィス。
ウォール街の高層ビルにオフィスを構える義父フィルの会社に勤務、公私ともに順風満帆の日々を送っていると自覚していた。

ある日、妻の運転する車で事故に遭遇、妻は死んでしまう。
呆然自失のデイヴィスだが、不思議と涙は出てこなかった。
無気力になったデイヴィスは病院の自動販売機の故障を会社に意見する手紙を書いたキッカケから担当者カレンと親しくなる。

カレンの息子クリスとも親しくなったデイヴィス。
義父フィルのアドバイスが引き金となって自宅を破壊し始めた。
そこから全てをやり直してみようと考えたからだけど、そこで彼は妻が残した手紙を見つける。
中に入っていたのは妊婦のお腹をエコーした写真 ―― 妻は妊娠していた。



凄く変わった脚本だし、演出も相応に個性的。 
映像の切り取り方にも戸惑うんだけれど、終盤の展開に全てが納得出来た。
自問自答しても答えの見つからない喪失感からの抜け出し方。
所詮ドラマだからと言えない気持ち良すぎる爽快なエンディングは見事の一言。


自死に近い事故死した妻はデイヴィスの少し先を歩いてた。
デイヴィスはもう無関心に生きる事はしないと思う。
原題は解らないけれど、「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」と言う邦題に相応しい、スタイリッシュな人間再生物語。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment