FC2ブログ
31
2017

鎌倉北条氏と後北条氏の遺構 4 - 鎌倉北条は伊豆北条







韮山41 韮山42
韮山43 韮山44
韮山45 韮山46
守山城
長禄二年(1458) 鎌倉公方として下向した足利政知が鎌倉に入ることが出来ず、堀越に御所を営んだ。
この際、堀越御所の詰城として背後の山に整備したのが守山城らしい。

後に堀越公方を滅ぼして伊豆を平定した北条早雲は韮山城を居城に。
守山城は支城として利用されたかと。
小田原戦役の韮山城攻めで守山城も豊臣方の付城として利用され、現在残っている遺構はこの際のもの。

西側の公園脇から登ったら、意外と急斜面で難儀した。
途中で引き返して、脇道下ったら伊豆中央高校に出た。
もう少し我慢して登って、八幡宮横に出ていれば・・・と後悔。
韮山48
眞珠院
配流された源頼朝の最初の妻で一子儲けた八重姫を供養した寺院
八重姫は頼朝監視役であった伊東祐親の三女。
源氏の棟梁の子供が生まれた嬉しさと、平清盛に対する背任と恐怖。
苦悩の末、伊東祐親は孫にあたる千鶴御前(三歳)を滝に投げて殺害、八重姫は家臣に嫁がせた。
この辺は諸説有るそうで。
韮山49 韮山50
願成就院
文治5年 鎌倉幕府初代執権北条時政が、源頼朝の奥州平泉討伐の戦勝祈願のため建立したと云う呈の北条氏の氏寺
北条時政とその子義時、孫の泰時の代――嘉禎2年(1236年)までと時間を掛けて大寺院に造営された。
北条早雲による動乱、豊臣秀吉による小田原征伐で二度全焼。
運慶作の仏像5躯が国宝だとは後日知った。

北条時政の墓の他、足利茶々丸の墓も。

韮山51
守山八幡宮
 647年(大化3年) 大山祗神を祭神として創建
 907年(延喜7年) 宇佐八幡宮の八幡神が勧請され合祀された。
1180年(治承4年) 源頼朝が挙兵の際、源氏再興を祈願。

気が付いたらの電車の時間が迫っていて、ここはスルー。
速足で駅を目指したものの見事に乗り遅れた。
○| ̄|_
三島で昼食摂る時間はおろか、駅弁買う時間すら無くなった。
だって乗換時間4分だし。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment