FC2ブログ
07
2017

コンカッション

CATEGORY映画-米






コンカッション
医師のベネット・オマル(ウィル・スミス)は、ナイジェリアからアメリカへと渡る。
検死官としても働く彼は、アメリカンフットボールのリーグNFLを引退した元ピッツバーグ・スティーラーズのスター選手、マイク・ウェブスター(デヴィッド・モース)の変死解剖を担当することに。
その結果、マイクの死が頭部への激しいタックルが原因で引き起こされる脳の病気・慢性外傷性脳症であることを突き止め、論文にして発表する。しかし、NFLはその見解を全面的に否定し……。



検死の際、遺体に敬意を持って、語り掛け寄り添うベネット・オマルのスタイルは奇異に映るものの、その仕事結果は誰もが認めるものだった。
そのベネット・オマルがNFLのスーパースターの検死で感じた疑問。
それが確信になった時、それは全米を巻き込む問題となる。



コンカッション : 脳震盪
実話の映像化、更にこの問題は現在も継続中、それをよくぞ映画化したもんだなと。
公開一年前にベネット・オマルにアメリカ市民権が与えられたのは、色々と政治的判断があったのかと邪推してしまうレベル。
不都合な真実を大国がどう扱うか・・・・・正直なところ、素直に感動出来なかったんですけど。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment