FC2ブログ
13
2014

GO WEST 2014秋 [5-官兵衛と村重な有岡城]








伊丹城01伊丹城02
ホテルから伊丹駅へはタクシー。
明らかに遠回りしてんだけど何も言えん(汗)。

伊丹城03伊丹城04伊丹城05伊丹城06
似たような立看ばっかし。
伊丹城08
有岡城
1472年 伊丹氏が築城
1574年 荒木村重が大改修工事を行い近代城郭に。
      名前も有岡城に改めた。
      
      因みに村重は摂津池田家家臣から成り上がって、信長傘下3年目で37万石拝領。
      期待されてたよね。

1578年 村重突然の謀反
      割と成り上がりなんで家臣団の統制は取れてなかった。
      彼自身が毛利に内通していたと云われる一方、家臣が村重に内緒で本願寺に兵糧を横流ししていたと云う。
      
      意を決しての籠城。
      そこには本願寺・毛利との連携。
      そして同心すると期待していた寄騎武将の存在があった。
      
      しっかし一、二番に期待していた高山右近と中川清秀が調略の手に落ちた。
      毛利は九鬼水軍に敗れた。
      
      見込の甘さは明智光秀と一緒。
      もう少し辛抱してからやれば良かったのに。
      キャスティングボード握れたと思うよ。
      
      一族処刑されたのに一人生き残った村重は、後に秀吉のお伽衆に。
      虚無に生きるのって、ある意味修羅でしょ。

伊丹城09
官兵衛が幽閉された城として有名な有岡城は、この後1583年に廃城。
時代は下って明治時代、鉄道開発(旧国鉄と阪急の駅&線路)で遺構は木端微塵。
僅かに石垣等残るのみ。

大河観て期待してやってきた方は多いらしい。
来た誰もが「!?・・・・・・・・・・エエェェェ(●'Д'●)ェェェエエ」
次に行く尼崎城も・・・・・・・

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ
人気ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment