FC2ブログ

category: 映画―邦画  1/20

弥生、三月 君を愛した30年

高校時代に運命的に出会った結城弥生(波瑠)と山田太郎(成田凌)は惹かれ合っていたが、親友サクラ(杉咲花)の死によって思いを伝えられず、別々の人生を歩む。彼らは互いに違う相手と結婚するが、夢に破れ、大切なパートナーを亡くすなど、生きる希望を見失うほどのつらい現実が待っていた。あるとき二人のもとに、亡くなったサクラからメッセージが届く。二人の30年間を3月の31日だけで描いた作品は、何だか31回放送ドラマの...

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実

1969年5月13日、三島由紀夫は大学の不正運営などに反対した学生によって始まった学生運動の中でも武闘派といわれた東大全共闘の討論会に警視庁からの警護の申し出を断り単身で乗り込んだ。およそ1,000人の学生が集まった教室で、2時間半に及ぶ熱い討論を交わす。1969年5月、東大駒場キャンパスで、東大全共闘は「東大焚祭委員会」を設立。目玉として三島由紀夫を招いて討論会を開催した。この討論会の映像がTBSに保存されてお...

37seconds

23歳の貴田ユマ(佳山明)は、生まれたときに37秒間呼吸が止まったため、手足を自由に動かすことができない。親友で漫画家のゴーストライターをしているが、自分の作品を出せないことに複雑な気持ちを抱いていた。ユマは過保護な母・恭子(神野三鈴)のもとで閉ざされた生活を送っている。脳性小児麻痺のユマの青春物語は、決して振り返らない前向きに生きていく成長物語。母親が過保護なのは自責の念で追いこんだから、贖罪の日々なん...

初恋

新宿の歌舞伎町。身寄りのない葛城レオ(窪田正孝)は才能あるプロボクサーだったが、格下の相手に負け、試合後の診察で自身の余命がわずかだと知る。希望を失い街をうろついていたレオは、ヤクザと関わりのある少女のモニカ(小西桜子)を追っていた悪徳刑事の大伴(大森南朋)を殴り倒し、ヤクザと大伴から追われることになる。将来を嘱望されている若手ボクサー葛城レオはいとも簡単にKO負けされた後、病院の検査で脳腫瘍が見つかり、...

R e d

夫の村主真(間宮祥太朗)は一流商社勤務で、かわいい娘にも恵まれ何不自由ない生活を送る塔子(夏帆)は、かつて恋人だった建築家・鞍田秋彦(妻夫木聡)と10年ぶりに再会する。鞍田は、行き場のない思いを抱えていた塔子の心を徐々に解きほぐしていく。しかし鞍田にはある秘密があった。村主塔子は見た目には何一つ不自由のない生活を送っているが、実際は限界だった。商社勤務の夫と出かけた仕事絡みのパーティで塔子はかつての恋人鞍...

ファンシー

ひと気のない温泉街で、郵便配達員で元彫師の鷹巣(永瀬正敏)と詩人のペンギン(窪田正孝)は、顔を合わせてはたわいのない話をしていた。あるとき、ペンギンの詩の世界に陶酔する月夜の星(小西桜子)が、ファンレターを送ってくるようになる。そして彼女は二人の前に姿を現す。寂れた温泉街の彫師・鷹巣、昼間は郵便配達員として働いている。彼が配達がてら顔出して駄弁るのが郊外の別荘に暮らす詩人のペンギン。鷹巣とペンギンは変わ...

音楽

これまで楽器と縁がなかった不良学生の研二、太田、朝倉は、思いつきでバンドを結成する。ある日、彼らのバンド“古武術”は、“古美術”のメンバーである森田から“坂本町ロックフェスティバル”への出演を提案される。手に触れたものに心震える ―― きっと誰もが経験した事。その衝動と、やがて来る冷める瞬間。独特のタッチで独特の雰囲気纏ったアニメーションの作画はなんと4万枚で、その全てが手書き(驚)その熱量がロックフェステ...

1917

町田戦は明日アップします。詳細レポートはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 にほんブログ村/サッカー/町田 それぞれ御参照の程。第1次世界大戦が始まってから、およそ3年が経過した1917年4月のフランス。ドイツ軍と連合国軍が西部戦線で対峙する中、イギリス軍兵士のスコフィールド(ジョージ・マッケイ)とブレイク(ディーン=チャールズ・チャップマン)に、ドイツ軍を追撃しているマッケンジー大佐(ベネディクト・カン...

影裏

会社員の今野(綾野剛)は岩手に転勤し、そこで同僚の日浅(松田龍平)と知り合う。一緒に飲みに行ったり、釣りに行ったりするなど、まるで遅い青春時代のような日々を過ごすうちに、今野は日浅に心を開いていく。だがある日、日浅は今野に何も告げずに突然退職し、その後しばらくしてまたフラリと姿を現す。転勤で岩手にやって今野秋一。人見知りの今野に話し掛けてきたのが同僚・日浅典博、酒を飲み魚釣りに出掛けるなど二人は親密に...

性の劇薬

人生につまずき自暴自棄になったエリート会社員の桂木(渡邊将)は、酔って飛び降り自殺をしようとする。そこに余田(北代高士)という男が現れ、どうせ捨てる命なら自分によこせと桂木に迫る。桂木の命は救われたが、余田に監禁・調教される生活が始まった。目が覚めた桂木は混乱していた ―― 全裸な上に屈辱的な姿勢で拘束革具でベッドに固定されてるのだから。そこにやって来た余田は告げる ―― 「捨てる人生ならば俺によこせ」と...

サヨナラまでの30分

他人と関わることが苦手で就職活動もうまくいっていない大学生の颯太(北村匠海)は、ある日1年前に他界したバンドミュージシャンのアキ(新田真剣佑)が遺したカセットテープを拾う。テープを再生してみると、その30分の間だけ颯太の中身がアキになる。アキは颯太の体を借りて、恋人やバンドのメンバーとの再会を果たす。Twitterのフォロワーさんが絶賛してるので週末レイトショーでの鑑賞。何処か既視感のある脚本と演出、想像できる...

僕はイエス様が嫌い

祖母と暮らすことになった少年ユラは、東京から地方のミッション系の小学校に転校する。毎日の礼拝に困惑する彼の前に、とても小さなイエス様が姿を現す。ユラ以外の人には見えないが、いつも彼の願いをかなえてくれるイエス様をようやく信じかけた矢先、彼に苦難が降り掛かる。ミッション系の作法に混乱するユラの前に現れたのは小さなイエス様。このイエス様が結構緩くて適当なんだけれど、何気にユラの願い事を叶えてくれる。願...

ラストレター

夫と子供と暮らす岸辺野裕里(松たか子)は、姉の未咲の葬儀で未咲の娘・鮎美(広瀬すず)と再会する。鮎美は心の整理がついておらず、母が残した手紙を読むことができなかった。裕里は未咲の同窓会で姉の死を伝えようとするが、未咲の同級生たちに未咲本人と勘違いされる。そして裕里は、初恋の相手である小説家の乙坂鏡史郎(福山雅治)と連絡先を交換し、彼に手紙を送る。何かを抱えて生きてきた二人の大人と、大きな喪失感を抱えた少...

mellow メロウ

生花店「mellow」の店主として大好きな花を扱う仕事をしている夏目誠一(田中圭)は、独身で恋人もいなかったが、ラーメン屋主人の木帆(岡崎紗絵)や、夏目に憧れのまなざしを向ける中学生の宏美(志田彩良)たちに囲まれながら平穏な毎日を送っていた。ある日夏目は、常連客の人妻・麻里子(ともさかりえ)から、彼女の夫がいる席で「好きです」と告げられる。駄目駄目な男性撮らせたら多分日本一な監督が今泉力哉。無意識過剰な男性撮ら...

夕陽のあと

自然に恵まれた鹿児島県の長島町。島の特産物であるブリの養殖業を夫婦で営む日野五月(山田真歩)は、生後間もなくから育ててきた7歳の豊和との特別養子縁組申請を控えていて、ようやく豊和と本当の家族になれることに感無量だった。一方、島には1年前に現れて食堂で働くようになった佐藤茜(貫地谷しほり)という女性がいた。あるとき、足取りが掴めなかった豊和を生んだ親の所在がわかる。実子に恵まれず里親制度で迎えた豊和を乳児...

さよならテレビ

これまでのテレビは庶民にとって大きな娯楽の一つだったが、今やかつての華々しさはない。豊富な広告収入を強みに、娯楽や情報を届けてきた民間放送も勢いをなくし、昨今はテレビを持たない若者たちも多い。マスメディアのトップをひた走ってきたテレビは、いつしか“マスゴミ”と皮肉られるようになっていた。東海テレビ放送のスタッフは、テレビの現場で何が起こっているのかを探るために、自社の報道部に潜入する。昨日のTBSラジ...

宇宙戦艦ヤマト2202 1-3

前シリーズ/2199は全て劇場鑑賞したものの、2202シリーズはスケジュール合わず。年末ツタヤ行ったら1-3まで有ったので鑑賞。脚本背景とかメカニック設定はOKなんだけれど、キャラ設定とか造形がチョット苦手。4以降は置いてないのか、レンタルこれからなのか。...

2019 LOVE CINEMA 今年の10本

                                  1 アベンジャーズ・エンドゲーム 2 台北暮色 3 パピヨン 4 バーニング劇場版 5 愛がなんだ 6 僕たちは希望という名の列車に乗った 7 最初の晩餐 8 ジョーカー 9 ゴールデン・リバー  10 スターウォーズ・スカイウォーカーの夜明け    ...

2019 LOVE CINEMA 邦画

                 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆「さよならくちびる」「愛がなんだ」「岬の兄妹」「アイネクライネナハトムジーク」「見えない目撃者」「狼煙が呼ぶ」「宮本から君へ」「メランコリック」「最初の晩餐」「マチネの終わりに」「わたしは光をにぎっている」「凪待ち」「火口のふたり」                      ☆☆☆「赤い雪」「半世界」「翔んで埼玉」「DAY AND NIGHT」「多十郎殉愛記」「LOVEHOTEL...

典座

No image

10年前、兄弟子の隆行(倉島隆行)と弟弟子の智賢(河口智賢)は、本山で修行に励んでいた。智賢は山梨県の寺で住職の父、母、妻、重度の食物アレルギーがある3歳の息子と生活し、僧侶として精力的に活動していた。一方、兄弟子の隆行は福島県沿岸部にあった寺や家族、檀家が東日本大震災の津波によって流され、今はがれき撤去の作業をしながら本堂の再建を目指していた。典座 ~ 禅宗寺院内で、僧侶・参拝者に食事を司る役職で、六...