fc2ブログ

category: 旅行記~2022 夏の琵琶湖一周歴史旅  1/2

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 27.TRAIN TRAIN

京阪線とランデブーする大津市内は楽しい。新幹線開通しても湖西線は残るよね。彦根城 / 水口城...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 23.海洋堂

[海洋堂]7年振りの訪問なんですが、常設展示の規模を縮小したのかな。マーベル系を見たかったんですが・・・・('◇')ゞ...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 22.豊国神社

[豊国神社]天正元年(1573年)~天正4年(1576年) 長浜城主であったのが豊臣秀吉。慶長5年(1600年) 町民が秀吉の遺徳を偲んで建立。江戸時代、幕命で棄却されたものの、秀吉の三百回忌に当たる1898年(明治31年)に拝殿が再建された。豊臣秀吉のほか、事代主大神、加藤清正、木村重成を祭神と・・・・・・・全力で大阪方推しなのね。時間が有ったので、町をブラブラ。...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 31.荒神山城

[荒神山城]天平二年(730年) 行基49院創建の49院奥の院として奥山寺が建立戦国時代に入って、六角氏家臣・日夏安芸守が城郭化元亀二年(1571年) 比叡山延暦寺と共に焼き討ち慶応四年(1868年) 神仏稀釈令で奥山寺は廃され荒神山神社が造営。神社参道の石垣は微妙ですけど、社殿北側の石垣は城郭のモノかな。晴れていれば琵琶湖西岸が見られたかな。...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 30.山崎山城

[山城山城]天正年間前半(1573年〜1582年) 佐々木六角氏の家臣・山崎憲家による築城。永禄11年(1568年) 織田信長が近江に侵攻した際、山崎片家は早々に降伏して領地を安堵された。天正10年(1582年) 本能寺の変では籠城したものの明智光秀に降伏。             戦後、赦されて摂津国三田2万3,000石移封               この際、廃城となった。写真に写る給水タンク工事中に偶然発見された城郭。...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 29.多賀大社

[多賀大社]伝承レベルの歴史を誇る近江一の宮。中世以降は「お伊勢参らばお多賀へ参れ」とまで云われ、豊臣秀吉から江戸幕府の庇護を受けた。万灯祭の準備が進む境内は割とコンパクト。お参りした後、敷地内の「寿命そば」で昼食。...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 28.金剛輪寺 

[金剛輪寺]天平9年(737年)または天平13年(741年) 聖武天皇の勅願(開基) 僧・行基の創建嘉承年間(848年 - 851年) 天台宗の僧・円仁(慈覚大師)によって再興西明寺、百済寺とともに湖東三山の1つに数えられる。うわー、西明寺行ってないわ。・受付の女性の方が気さくで説明と受け答えが素敵すぎた。何、この素晴しい佇まいは。圧巻過ぎな千体地蔵本堂と紫陽花のコントラストの見事な事!重文の三重塔...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 27.瓦屋寺

阿賀神社から山登る事数分で到着した瓦屋寺[瓦屋寺]推古天皇の時代、聖徳太子が四天王寺で使用する瓦を焼くために創建した寺院。平安時代 源仁によって再興され華厳宗の寺院として繁栄。戦国時代 ノブナッガによる焼き討ち江戸時代 臨済宗の寺院として復興こじんまりしているけれど風情があって、ここは秋訪れたいなぁ。金色大慈母観音像この後方が箕作城で、観音寺城攻めの際に織田信長が本陣を敷いた。もやっているけれど、彼...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 26.阿賀神社(太郎坊宮)

8年前の電車旅で車窓から見掛けて気になっていたのが阿賀神社。下から階段上るのは時間的厳しいので、中腹駐車場まで車で。[阿賀神社]この夫婦岩をご神体とした神奈備信仰の地として、欽明天皇の時代に創建された。推古天皇の時代、この箕作山に、聖徳太子が摂津国に建立する四天王寺で使用する瓦を焼くために瓦屋寺を創建、この際、阿賀神社となった。延暦18年(799年) 阿賀神社の神徳に感じ入った最澄が薬師如来を本尊とする...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 25.観音寺城

[観音寺城]南北朝期、北朝方・六角氏による築城が有力。建武2年(1335年) 南朝・北畠顕家軍の上洛に備えて北朝の六角氏頼が篭もった観応2年(1352年) 佐々木道誉、六角氏頼・直綱兄弟は、足利直義軍・南朝連合に敗北、観音寺城に籠城応仁の乱では、同族・六角高頼vs京極持清で三度に渡り観音寺城攻防戦永禄11年(1568年) 織田信長の上洛軍と敵対して籠城したものの、支城/箕作城・和田山城を相次いで落とされて無血開城残存...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 24.観音正寺

 駐車台数の多い北側駐車場から裏参道を歩いて観音正寺へ。この参道沿いの石垣も観音寺城のモノかな。途中に有った鳥居は奥之院ね。[観音正寺]622年 人魚と出逢った聖徳太子が創建したと云われる。鎌倉/室町時代は佐々木・六角氏の庇護を受けて隆盛したものの、六角氏滅亡に併せて衰退。慶長11年(1606年) 現在地に復興。聖徳太子 / アイドル犬 / 濡佛明治に入り、彦根城欅御殿を移設して本堂としたものの、平成5年(19...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 21.沙沙貴神社

[沙沙貴神社]古代に沙沙貴山君が大彦命を合わせて祀り、景行天皇が志賀高穴穂宮遷都の際に大規模造営したとされるから、創建はガチの伝承レベル。平安末期、源成頼の孫になる佐々木経方が佐々木氏を称し、土着していた貴山君子孫・沙沙貴氏と次第に融合に至る。ここで沙沙貴氏の氏神・沙沙貴神社に宇多源氏の祖である敦実親王とその父・宇多天皇を新たに合祀し、自らの氏神とした。これ以降、当社は佐々木氏の氏神となった。[楼門]...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 22.音羽城

[音羽城]応仁~文明年間 蒲生貞秀による築城明応4年(1465年) 応仁の乱で敵対していた六角高頼が近江守護に返り咲くと、蒲生貞秀は六角氏の組下を余儀なくされた。             幕府奉行衆でも有ったから、限りなく与力に近かった扱い。大永5年(1525年) 蒲生一族内紛を制した蒲生高郷が日野城(中野城)を拠点としたため、音羽城は廃城。日野城に続いて雨中での訪問。日野城の段階でずぶ濡れで、少し気分...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 23.日野城 + 仁正寺陣屋

[日野城]天文5年(1536年) 蒲生定秀が3年かけて築城永禄11年(1568年) 蒲生賢秀は信長配下天正10年(1582年) 本能寺の変が起こった際、賢秀と嫡子氏郷は織田信長の妻妾一族をこの城に避難させた天正12年(1584年) 氏郷は伊勢国松ヶ島12万石転封、田中吉政、続いて長束正家が城代慶長5年(1600年) 関ヶ原の戦い後に廃城残存しているのは本丸の石垣のみだけど、ここで映画「るろうに剣心」のロケが...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 20.水口岡山城

[水口岡山城]天正13年(1585年) 甲賀郡の支配の拠点として中村一氏が築城天正18年(1590年) 増田長盛 5万石文禄4年(1595年)  長束正家 5万石 のち12万石慶長5年(1600年)  関ヶ原の戦いで長束正家は西軍で戦後、降伏切腹し水口岡山城は廃城。寛永11年(1634年) 将軍上洛時の宿館として水口城築城。 この際、廃城となっていた水口岡山城の石垣が転用された。結構、激しい雨の中の登城で、展望台の有る西の丸まで...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 19.石山寺

[石山寺]東寺真言宗の大本山の寺院で山号は石光山。本尊 / 如意輪観世音菩薩(如意輪観音)天平19年(747年) 聖武天皇の発願により、良弁(東大寺開山・別当)が聖徳太子の念持仏であった如意輪観音をこの地に祀ったのが始まり。天平宝字5年(761年) 造石山寺所のもとで堂宇の拡張、伽藍の整備が行われた。造東大寺司からも仏師が派遣されたと云う。天平宝字5年(761年) 塑造如意輪観音像と脇侍の金剛蔵王像、執金剛神像が...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 18 . 唐橋と俵藤太像

 [唐橋]「急がば回れ」の語源となった橋で、「唐橋を制する者は、天下を制す」とまで言われ、古代から数多の合戦の舞台となった。[俵藤太像]平将門の乱を平定した藤原秀郷の別名が"俵藤太"藤原秀郷が唐橋のたもとに横たわる大蛇を踏んだところ、大蛇は老人に姿を変え、三上山に巣食う大百足退治を藤原秀郷に懇願した。快諾した藤原秀郷は三本の矢で大百足を見事に退治し、唐橋の真下にある竜宮に招待され歓待受け、帰る際に大量の...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 17..瀬田城

[瀬田城](滋賀県大津市)永享年間(1429年〜1441年) 山岡資広による築城      甲賀・伴氏の後裔で、戦国期は六角氏に仕え、山岡景隆は「江南の旗頭」と呼ばれ六角氏の軍事中枢を担っていた。永禄11年(1568年) 織田信長の上洛軍に抵抗したが、翌年投降。天正10年(1582年) 本能寺の変の際、明智光秀の誘いを断り瀬田橋を焼き落として明智軍を妨害。天正11年(1583年) 賤ヶ岳の戦いでは柴田勝家に通じた為、戦後所領没収され...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 16.義仲寺

[義仲寺]木曾義仲の死後、愛妾・巴御前が義仲の墓所近くに草庵を結び、「われは名も無き女性」と称し、日々供養したことにはじまると伝えられる。鎌倉後期には義仲寺と呼ばれたという記述有り。天文22年(1553年)頃、近江守護の六角義賢により再興され、石山寺の配下に。貞享年間(1684年 - 1688年) 義仲の塚の上に新たに宝篋印塔の義仲の墓を建立し、小庵も建立して義仲庵として再建元禄5年(1692年) 寺名を義仲寺に改めてい...

2022 夏の琵琶湖一周歴史旅 15.大津港

[大津港]周遊クルーズだけで水上バスはないんですね。宇佐山テラスから気になってたのが、対岸の銀色屋根奇抜な建物。隣で写真撮ってたご婦人に尋ねたら、「新興宗教の教団本部だったかしら」と。よく県で認可したもんだ。離れた仲間と完全に会話してた鳥。...