FC2ブログ

category: 歴史・史跡・芸術  1/8

甲斐国 ・ 白山城 / 武田八幡宮

[白山城]山梨県韮崎市 (標高567m /比高120m) 源清光次男の武田信義が分封されて構えた居館の詰城として築いたとされる。このまま子孫が土着し、代々の武川衆(青木氏・八代氏・山寺氏他)の居城となった。天正壬午の乱の後も徳川家康に臣従した青木氏・山寺氏が城番に。江戸時代に廃城。[武田八幡宮]822年(弘仁13年) 宇佐神宮または石清水八幡宮から勧請し、地名から武田八幡宮と称したのが草創とされる。1140年(...

甲斐 ・ 獅子吼城

[獅子吼城]山梨県北杜市 (標高788m/比高120m)築城年代は不明元応2年(1320年) 信田父子郎党が当地にて討死 (麓の見性寺寺記)応永年間(1394年~1428年) 武田信満の三男江草兵庫助信泰が居城 (麓の見性寺位牌)永正6年(1509年) 小尾弥十郎が江草城(獅子吼城)を調略乗取り (「高白斎記」)享禄5年(1532年) 獅子吼城に籠っていた今井信元が降伏した事で武田信虎は甲斐を統一     ...

信濃 ・ 海尻城

[海尻城]長野県南牧村 (標高1090メートル/比高50メートル)室町中期、前山城主 伴野氏の家臣 井出長門守による築城と伝わる戦国時代に入ると、村上義清家臣が入り、武田侵攻に備えた。1536年 武田信虎率いる武田軍は撃退したものの、1540年 板垣信方に攻め落とされ、救援に向かった村上義清軍も撃退。以後、武田軍はここに烽火台を設置した。海尻基幹集落センターに駐車して医王院に入り、仁王像を抜けた左...

信濃 ・ 海ノ口城

[海ノ口城]長野県南牧村 (標高1260メートル/比高220メートル)築城年代・築城主は全く不明天文5年(1536年) 甲斐武田軍8000が、佐久平賀城主平賀源心成頼率いる2000が籠る海ノ口城を攻めた36日に渡る攻防のち、武田軍は退却するが、殿を申し出た武田晴信は退却すると見せかけた晴信率いる300の小勢が急襲。平賀源心以下城兵を討ち取って海ノ口城を落とした。以降、武田軍の佐久攻略の兵站基地となっ...

信濃 ・ 富士見城

[富士見城]築城年代は二説① 大井氏が対滋野氏で築いた説② 天文年間(1532年~1554年)に佐久地方へ進出した武田家が鍋蓋城(小諸城の前身)の支城として整備したとする説徳川・上杉・北条・真田諸氏が信州の支配権を争った「天正壬午の乱」では徳川家家臣・柴田康忠が一時居城とした。豊臣政権下で小諸城主となった仙石秀久も支城として使用したものの、一国一城令で廃城。・飯綱山全体が岩山であることに加え、ほぼ全ての曲輪で...

武蔵 小野路城

承安年間(1171~1174) 小山田重義が小山田城の支城として築城。文明9年(1477年)  長尾景春の乱で落城戦国期は後北条氏家臣大石氏が支配したとも(元々、大石氏は武蔵守護?だったしね)・小野神社でバス降りて徒歩25分位(道間違えて少し遠回り)。小さな祠があるところが主郭で、その先の3郭まで歩いてみた。比高も僅かだし堀切も横堀も切岸もこじんまり。鎌倉街道を監督する意味合いが強かったかな。・ちょっとしたハイ...

武蔵 喜多見陣屋(氷川神社・慶元寺)

喜多見駅で降りて南下する事20分弱。角々に氷川神社への案内板が有って良かった。・喜多見陣屋は1686年~1689年、僅か3年余り存在した喜多見藩の本庁で、喜多見藩は江戸近郊に唯一存在した藩(2万石)として有名。・喜多見氏は武蔵江戸氏の庶流で、戦国期に入り衰退、江戸城を太田道灌に明け渡した後は、世田谷吉良氏配下として後北条氏に仕えた。徳川家康の関東転封後に臣従、旗本から大名に上り詰めた。・跡地に建つの...

豪徳寺

世田谷城址公園から、世田谷城繋がりで隣接する豪徳寺へ。1480年創建の古刹は井伊家菩提寺。最近は"招き猫"のお寺として有名。...

武蔵 世田谷城

豪徳寺駅から世田谷線沿いを南下する事15分で世田谷城址公園へ。社会人一年目の時、引っ越し考えていて同じ道歩いたの思い出した。因みに同級生が北口で商売やってんだけど完全に忘れてた。・歴史は相当古くて、南北朝期、足利氏一門吉良氏の築城と云われる。元々吉良氏は上野国飽間郷が本領のところ、貞治五(1366)年に吉良治家が当地を拝領して居住するようになった。因みに治家の子・成高は長尾景春の乱に呼応した豊嶋氏蜂起...

2019 登城録

令和元年攻略した城郭一覧で、城郭名クリックすると当該記事に移動するでござるよ。    [ 関 東 ]大胡城 (群馬県前橋市)要害山城  (山梨県甲府市)  続日本100名城躑躅ヶ崎館 (山梨県甲府市)  日本100名城甲府城    (山梨県甲府市)  日本100名城           [ 北 信 越 ・ 東 海 ]葛尾城 (長野県坂城町)鮫ヶ尾城 (新潟県妙高市)  続日本100名城高田城  (新潟県上越市)  日本100...

信濃 ・ 葛尾城

[葛尾城](県指定史跡)   所要時間80分標高817m/比高387mの山城で、南北朝時代末期に村上氏によって築かれたと云われる。1094年(嘉保元年)  信濃国更級郡村上郷に流罪となった源盛清の子為国が村上氏を称したとされる。1548年(天文17年) 上田原合戦1550年(天文19年) 戸石城合戦 村上義清は二度に渡り武田信玄に勝利1551年(天文20年) 真田幸隆によって落城1553年(天文22年) 屋代氏をはじめとす...

企画展 ~ 「戦国 小笠原三代」

予定が無くなって朝寝坊した月曜日。起床(8:30)直後、思いつきで長野県立歴史館へ。当館では現在、開館25周年記念「戦国 小笠原三代」開催中全国から貸与された資料に加え、小笠原三代 -長時・貞慶・秀政- と時代を彩った部将 -足利義輝、信長・秀吉・家康他-との書簡を現代語訳でメールにしてみる等アイデア満載の企画展ば十二分に楽しめた。更にオールカラー218ページの抄録集が1000円!マジですか !       ...

2019秋旅てくてく

3連休に本日お休み頂いて中国地方一周一人旅行ってきます。お城に、鳥取砂丘に、出雲大社に、しまなみ海道に、カキオコに、ホルモンうどんに・・・・・・       ...

THREE KINGDOMS 特別展三国志

行こうと思っていた矢先、前売り券を頂いたんで先日の3連休最終日に行ってきました。東京都国立博物館訪問は修学旅行以来なんだな。 発掘された調度品がエライ小さいのに、その精巧さが半端なくてびっくり。9月に再訪予定。...

夏旅てくてく3日目

本日は奈良方面の神社仏閣をてくてく予定。      ...

夏旅てくてく

この3連休は紀伊半島歴史旅本日は半島の先っぽをウロウロしてきす。そんな訳で試合レポートはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 ・ にほんブログ村/サッカー/愛媛 それぞれご参照下さいな。      ...

大谷石資料館

地下回廊は予想以上に地下回廊。Tシャツ短パンで行ったもんで寒くて寒くて ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル    ...

2019 春のプチ歴史旅 ~ 甲府城

 [ 甲府城 ]諸説あるが天正19年(1591年) 加藤光泰が甲府城築城に着手したのが始まりとされる。元々、当地には甲斐一条氏の菩提寺が有ったと云われる。1590年  加藤光泰  佐和山2万石 → 24万石1594年  加藤貞泰            → 美濃黒野4万石1594年  浅野長政  若狭小浜8万石 → 21万5千石1600年  浅野幸長             → 紀伊和歌山37万石1603年...

2019 春のプチ歴史旅 ~ 躑躅ヶ崎館

[躑躅ヶ崎館] (100名城-24番)永正16年(1519年) 武田信虎による築城で、石和川田館から移転。信虎は将軍足利義晴と交流し、躑躅ヶ崎館も花の御所を模した方形居館とした。天正9年(1581年)に武田勝頼が新府城を築いて居城を移すまで武田3代60年余り甲斐の中心となった。天正壬午の乱の後、徳川家康の所領となると拡張工事で天守を造営したものの、1590年、平岩親吉が甲府城築城に伴い廃城。 20年振りの...

2019 春のプチ歴史旅 ~ 要害山城

[要害山城] (続100名城-128番)永正17年(1520年) 武田信虎による築城。 前年、石和/川田館から躑躅ヶ崎館に居城を移しており、要害山城は詰城目的とされる。天正3年(1575年)長篠合戦で大敗した武田勝頼は、翌年要害山城の大改修を開始したものの、後に方針転換して新府城を築いた。武田氏滅亡後も改修維持されたが、慶長5年(1600年)に廃城。       本丸まで30分弱、思ってた程険しくなかった。道すがら現存し...