FC2ブログ

category: 旅行記~若狭近江尾張美濃  1/2

2018 夏の歴史旅 16 ~ 明知城

[ 明知城 ] 今旅行の最終目的地明知城に到着。恵那市明知町は「日本大正村」と「明智光秀ゆかりの地」の町。明智光秀生誕地に関しては、可児市明智長山城が有力とは云われているけれど、大河ドラマ決定で、2020年は観光客凄い事になるよ。 幼少期の明智光秀は明知城で学問に励んだと云う話。 1247年 美濃故国恵那郡の遠山荘を拝領した加藤景廉の孫・景重が当地に居を構え、明知遠山家が始まった。       城を...

2018 夏の歴史旅 15 ~ 小口城

[ 小口城 ]1459年 織田遠江守広近の築城。この織田遠江守広近がどの程度の地位とか解らんけれど、守護斯波氏が元気で織田氏は従順だった時代。広近はこの後、木之下城を築城したり、4代後の信康が犬山城を築城していることから、一定の勢力は誇っていただろうし、対斎藤最前線だったかな。永禄年間(1558-1570) 中島豊後守(織田信清家老)は信長に攻め落とされ、そのまま廃城。 平成に入って発掘調査行い、199...

2018 夏の歴史旅 14 ~ 小牧山城 

[ 小牧山城 ] (続100名城-第149番) 西高木陣屋から70分で名古屋郊外小牧山城に到着。大手門前の市役所駐車場に車停めて、標高86メートル/比高70メートルの平山城攻略でござる。  1563年 信長自らが縄張り築城。       以後4年間居城とした。砦に近いものが想像されていたが、近年の発掘調査の結果、城郭を取り巻く三重の石垣が発見された。更に城の南部の発掘調査で町割も発見されており、小牧山城...

2018 夏の歴史旅 13 ~ 西高木陣屋

[ 西高木陣屋 ] (国史跡)関ヶ原からカーナビに従って下って来た街道沿い、上石津郷土資料館案内を右折した、突然に石垣群が現れた。元々あった多羅城の石垣を利用したと思われる完全に城郭様式の石垣1852年再建の表門。 西美濃に土着した高木家は斎藤道三、織田信長、織田信雄に仕えたが、信雄が改易された際、当主高木貞利は甲斐に蟄居。代わりに入った関一政が多羅城を築いた。関ケ原後、関一政は伊勢国亀山に移封、高木...

2018 夏の歴史旅 12 ~ 竹中陣屋

[ 竹中陣屋 ]1588年 竹中重門(竹中半兵衛長子)による築城      元々、菩提山城(岩手山城)を居城としていたが、余りに不便なことから、麓に岩手城(のち竹中陣屋)を築いた。  竹中重治像築城した竹中重門だって、偉大な父親程ではないけれど優秀な文官だったと云う話。所領は6000石で大名扱いの旗本交代寄合に。 堀が有って、石垣もそれなりにあるから、まぁ城郭ですよね。現在、陣屋跡は岩手小学校に。    ...

2018 夏の歴史旅 11 ~ 関ヶ原再訪

石田三成陣地石田軍本陣から眼下に見える激戦地跡「金吾~(怨)」時間が早いので観光客ちらほら    ...

2018 夏の歴史旅 10 ~ 佐和山城

本日は加賀・越前の城郭攻略 !金沢戦は明日アップします。[ 佐和山城 ] 城趾への登山道入口となっている龍潭寺で、石田三成像が鎮座。これ見て、この後関ヶ原再訪を決意した。 それ程キツくない。野猿注意の看板の通り、それらしき形跡(新鮮な💩)発見。 鎌倉時代/建久年間(1190- 1198年)、近江守護職・佐々木定綱六男・佐保時綱が築いた砦が始まりとされる。室町時代~戦国初期は六角氏の支配、戦国後期は新興勢力である浅井...

2018 夏の歴史旅 9 ~ 琵琶湖

 道の駅近江母の郷に予定より少し早く到着。本日はこちらで車中泊。道を挟んで琵琶湖。18時過ぎて湖畔で風は生暖かい(-_-;)    ...

2018 夏の歴史旅 8 ~ 百済寺

[ 百済寺 ] 百済寺は湖東三山の一つに数えられる国の史跡   606年 聖徳太子による建立と伝わるが微妙。 寺号からして渡来系氏族の寺院として開創された可能性が高い。彼方に観音寺城・安土城。 僧坊300を誇る近江最古級の古刹である百済寺は、六角氏によって城塞化。1573年(元亀4年)、六角義弼の立て籠もる鯰江城を支援したとして、織田信長によって焼き討ち。完全に安土城スタイル。否、安土城から百済寺を模...

2018 夏の歴史旅 7 ~ 蓮華寺

[ 蓮華寺 ]1400年前 聖徳太子が創建、法隆寺と称したと云うが、1276年焼失1284年再建時宗一向派大本山から、現在は浄土宗本山1333年 京都合戦で敗北した六波羅探題北方の北条仲時が、持明院統の光厳天皇、後伏見上皇、花園上皇を奉じ、番場に到着。ここで佐々木道誉に塞がれた為、天皇と上皇の玉輩を蓮華寺に移し、一戦交えたものの敗れ、本堂前で仲時以下一族郎党432名が自刃した。石段登る際、暑い筈なの...