category: 旅行記~北陸を往く  1/2

北陸から往く‐20 美濃金山城

[ 美濃金山城 ]  国史跡・続日本100名城(143番) 蘭丸広場森蘭丸はこの城で生まれ、信長に出仕する13歳までを過ごした。 この下が坊丸広場 1537年 斎藤正義が築城し、烏峰城と名付ける       この斎藤正義は近衛前久の庶兄で斎藤道三の養子と云う複雑な経歴の人物。1565年 美濃が織田領となり森可成が城主に。この時兼山城と改称。 1570年 近江宇佐山城の戦いで可成が戦死。       その直...

北陸から往く-19 郡上八幡城

[ 郡上八幡城 ]  (続日本100名城-141番)何故にこの銅像?・・・・・千代は郡上八幡始祖遠藤盛数の娘なのね。   運転に自信のない方にはお勧めしない山頂駐車場への隘路戦国期の郡上地方は東氏支配の地。東氏衰退後も同族の遠藤氏が支配した。遠藤氏の当地に対する拘りは半端なかった。 東氏の居城は吉田川対岸にある赤谷山城1559年 東氏は遠藤盛数により滅ぼされたが、その際、砦を築いたのが郡上八幡城の起源。...

北陸を往く-18 越前の小京都大野はモノクロが似合う街

   ...

北陸を往く-17 大野城下を歩く / 弐

義景墓所一乗谷から逃れた義景一行が逃れたのが大野賢松寺ここで身内の朝倉景鏡に裏切られて自刃。武田家と同じ末路。 義景清水 観察したけど魚確認できず亥井城址1339年 南朝方の堀口兵部大輔氏政以下500騎が亥山城を構えていた(by太平記)戦国期は朝倉景鏡の領地として大野郡の支配拠点に。1574年 朝倉景鏡は一向一揆で討死。 この堀が遺構と云うお話    ...

北陸を往く-16 大野城下を歩く / 壱

越前おおの結ステーションこちらで車中泊 パン屋さんパナデリア ・・・ 朝食で食べたパン3個、全てが美味しかった。 芹川清水・・・起きてがぶ飲み、下城してがぶ飲み柳廼社 ・・・幕末近代化に貢献した内山兄弟の碑(記憶曖昧) 御清水・・・かつては殿様専用。 「雨止んだ?」 突然洗濯してたお婆ちゃんに話し掛けられてビビった。越前大野城ライトアップ    ...

北陸を往く-15 越前大野城

[越前大野城] 続日本100名城-第138番 柳廼社奥の南門から入城 4代土井利忠公 / 初代城主金森長近 この石垣は遺構1575年 越前国大野郡3万石を与えられた金森長近が翌年、居城とした戌山城の近くの亀山に城郭を築き始めたのが越前大野城。1575-1586 金森長近1586      長谷川秀一1587-1599 青木一矩1599      織田秀雄1600      結城秀康大野藩1624年 松平直...

北陸を往く-14 吉崎御坊

本日は埼玉県内の城郭探索につき予約投稿。G大阪戦は明日アップします。詳細レポートはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府/にほんブログ村/サッカー/ガンバ大阪それぞれご参照下さい。蓮如上人記念館文明3年(1471年)に比叡山延暦寺など迫害から逃れた本願寺第8代法主蓮如によって建立。浄土真宗の北陸布教の拠点となり、吉崎には寺内町が形成された。 文明 7年(1475年) 蓮如は吉崎を退去して河内出口へ...

北陸を往く-13 大聖寺城

[大聖寺城] 錦城山(70メートル)に立地苦笑する案件 時代は古く、鎌倉時代に狩野氏よって築かれ、その居城に。1335年 中先代の乱で挙兵した北条傍流名越時兼が越中より南下してきた際、狩野一党が大聖寺城で迎撃したと云う1337年 新田義貞側の敷地伊豆守、山岸新左衛門らが津葉清文の守る大聖寺城を攻略している戦国時代になると御多分に漏れず一向一揆の拠点。1555年 朝倉宗滴の加賀侵攻で陥落1567年 一...

北陸を往く-12 小松城とコマツ

[ 小松城 ] 鳥越/二曲から一本道30分で小松市内へ。1576年 加賀一向一揆方の若林長門守によって築城1579年 柴田勝家によって落城。村上義清次男義明が入城。1598年  村上義明は越後村上9万石転出。       丹羽長重が12万石で入城。1600年 西軍に組した丹羽長重は改易。       前田利長の所領となり、前田長種が2万石で入城。1615年  一国一城令により廃城。 1639年 2代藩主前...

北陸を往く-11 ゛何て読むんだ゛二曲城

二曲城  (ふとげじょう/鳥越城付帯として国史跡) 隣接した三の丸と二の丸。鳥越城二曲城の真下に「道の駅 一向一揆の里」 こちらで昼食。    ...