FC2ブログ

category: 旅行記~GO GO WEST 2016秋  1/2

GO GO WEST 2016秋-26 TRAIN TRAIN

    もう少し大判、A3サイズ位の鉄道乗りつぶしノートが欲しい。詳しい人教えて下さい。    ...

GO GO WEST 2016秋-25 その他

大阪・三光神社の猫播但線 竹田駅の猫 土産とかお弁当は名古屋で食事はまあまあ。帰りのワイドビューしなのでは多治見過ぎたあたりからウォークマンで落語聴いてた。公共の場所、しかも車内というのを忘れて爆笑したのは俺様のせいじゃなくて、志の輔が悪い(笑)。しじみ売り小僧の「そっちのおじさんも・・・」のとこね。来年は1月の三連休で東海、夏は山陰、秋は九州を目指します。    ...

GO GO WEST 2016秋-24 関ケ原を歩く②

駅前観光交流館にやって来た。下が人気のコインロッカー出雲侍従は「空弁当」につき使用できませんと。コインロッカーのその他部将をサラッと。筒井定次  兵2850    伊賀20万石 ⇒ 安堵   ――― 順慶の養子   ――― 関ケ原本戦でそれなりに戦ったけど、戦前伊賀上野城を西軍に落とされたという汚点が付いた。   ――― 1608年 不合理な改易   ――― 1615年 不本意な自害   ――― どっちも言いがか...

GO GO WEST 2016秋-23 関ケ原を歩く①

一年ぶりの関ケ原です。まずは前回地図を持たずにブラブラしていて見ていなかったこちらへ。先客の老夫婦は碑台にお賽銭上げて、手をあわせてる訳。ここ神社仏閣と違うでしょ。最近あちらこちらで目にする光景。意味解らん。今は木々が茂ってるけど、無ければ笹尾山まで一望できたでしょ。岡山烽火台が見えた。この辺(桃配山)から対南宮山までの配置がよく解らない。浅野・池田の後詰なのか、関ケ原本戦の後詰なのか。中村一氏(...

GO GO WEST 2016秋-22 関ケ原を歩く/南宮山・四  微妙に参戦してた人

南宮山編の最後はメジャーな合戦図では省略されがちな部将の皆さん。毛利勝永  兵 不明   豊後4万8千石 ⇒ 改易    ――――  22歳で迎えた関ケ原    ――――  伏見城攻略で戦功挙げたものの、歴戦の家臣を大量に失った。    ――――  本戦では安国寺恵瓊の与力扱い。    ――――  大阪夏の陣での大活躍は黒田長政、加藤嘉明らに激賞された。             「真田丸」を見てくれぃ!!    ...

GO GO WEST 2016秋-21 関ケ原を歩く/南宮大社

高さ21メートル 新幹線から見えます。美濃国一の宮で金山彦命を主祭神。社格は旧国幣大社全国の鉱山、金属業の総本宮慶長5年(1600年)の関ヶ原合戦で焼失寛永19年(1642年) 春日の局の願いにより 三代将軍徳川家光公が再建。   和様と唐様を混用した独特の“南宮造”と呼ばれる様式で、江戸時代の神社建築の代表的な遺構18棟が 国の重要文化財      小雨が荘厳な空気に拍車掛けておった。    ...

GO GO WEST 2016秋-20 関ケ原を歩く/南宮山・参 不発だった毛利ジェットストリームアタック

南宮山入り口雨が無かったら登ってた。吉川広家軍を先頭に1万6千の兵が陣取った南宮山。近年の研究で、家康は吉川広家を信じてなくて、清州城に到着した時点でも毛利とガチ対決する覚悟だったらしい。そうなると中山道の秀忠軍が必要だったと思うし、秀忠軍遅らせた真田の功績は大きかったかな。いずれにせよ「出雲侍従~~(恨)」 毛利秀元  西軍 兵16,000  長門周防吉敷17万8000石 ⇒ 長門豊浦・厚狭6万石...

GO GO WEST 2016秋-19 関ケ原を歩く・南宮山/弐

心に続いてマジな風邪ひいた。季節の変わり目は変節な季節。皆様ご自愛の程。 案内板がなくて難儀した。地元の人に聞いたら知らないと云われた。辿りついたら旗竿破れ倒れておった。そんな・・・長束正家陣跡長束正家  西軍 兵1,500   近江水口5万石 ⇒ 切腹改易 ―――― 丹羽長秀の家臣から秀吉の奉行衆兼務? ―――― 丹羽家家老集団移籍の一人? ―――― 三成も認めた数字の天才 ―――― なんでも計算するな。  ...

GO GO WEST 2016秋-18 関ケ原を歩く・南宮山/壱

案内所で頂いた良さげなMAPまずは国道21号線を西へ。春王・安王の墓上杉禅秀の乱を鎮圧した鎌倉公方足利持氏が自立志向となり、幕府・関東管領と対立。1435年 軍事行動を起こした持氏だが1439年降伏の後、自害した。持氏の子供の内、京都護送中、春王丸と安王丸の二人は垂井で殺害された。難を逃れたもう一人の消息は諸説有。大井氏頼って佐久に来たと云う説は有力らしい。写真撮ってる横で、地元の皆さんが清掃中。その横...

GO GO WEST 2016秋-17 垂井城

垂井城址 この奥に平塚為広の碑があるとは・・・・・平塚為広  西軍 兵360  美濃垂井1万2千石 ⇒ 討死改易   ―――― 父親の代から秀吉家臣? 明智光秀の家臣?   ―――― 一度は勘気被り浪人、のちに秀吉馬廻り 8000石   ―――― 1万2千石になった直後に関ケ原   ―――― 大谷吉継と行動して石田三成に諫言   ―――― 本戦では大谷軍の前衛となった上、吉継に代わって大谷軍も指揮。   ―――― 「名の...

GO GO WEST 2016秋-16 垂井界隈

   3日目は6時起床。無料朝食がかなり良い。がっつり食べて、ゆっくり準備して8時チェックアウト大垣駅でバックパックをコインロッカー入れたけど、上の注意書きに少しビビる。   垂井駅と駅前観光案内所案内所のオジサン二人組(失礼)の対応が本当に親切で暖かくて気持ち良かったです。誰か伝えてください。竹中半兵衛重治像垂井は旗本竹中6000石の城下町駅前から2キロ弱北西に上ると竹中氏の陣屋跡雨が無かったら...

GO GO WEST 2016秋-15 大阪城周辺

玉造神社まで来たのだから大阪城見たい。そう思って感覚で歩いたら相当に大回りしてここに来た。木陰で着替えて、ビールロング缶を一気飲み。フェスは二日目。知ってるバンド少ない。雑誌の撮影しておった。ようやくの天守閣森ノ宮から大阪大阪から東海道線乗り継いで大垣へ大阪から米原まで最後尾に乗っていて、米原で乗り換えた際乗客の顔ぶれが変わってなかった。即ちは大阪の商業圏・生活圏が岐阜にまで及んでいるという事。近...

GO GO WEST 2016秋-14 玉造神社

心眼寺から緩やかな坂下って、大阪女学院脇上り坂の先に玉造神社曽根崎心中の舞台なのね垂仁天皇18年(紀元前12年)創建、当時は比売社と称していた。蘇我氏と物部氏の戦いの際、蘇我氏方の聖徳太子がこの地に布陣、戦勝を祈願。戦勝後当地に観音堂を建てたという伝承。豊臣秀頼像この地が豊臣大坂城の三の丸。その鎮守社として豊臣家から篤い崇敬を受け、焼失した社殿を慶長8年(1603年)に豊臣秀頼が再建。豊臣・徳川時代を通し...

GO GO WEST 2016秋-13 真田丸跡地と心眼寺

   この道路左側あたりが大坂夏の陣で大野治房兄弟が布陣したところ   三光神社から少し南西に行った辺りが真田丸の跡地明星高校グランド沿いに顕彰碑がありました。心眼寺元和8年(1622) 白牟和尚が真田丸跡地に幸村・大助父子の冥福を祈るために堂舎を創建。寺の定紋は六文銭山号は真田山 白牟和尚も信州滋野一族の出身大坂冬の陣から400年目にあたる2014年、信繁四百回忌に建立された墓碑。墓碑の側には坂本龍馬...

GO GO WEST 2016秋-12 三光神社 

地下鉄玉造駅出て、わずか3分で三光神社鳥居の袂に欠損した柱――――元々の鳥居はこちら。昭和20年の大阪大空襲で爆撃を受けた際損傷、片柱のみの姿に。戦後、あえて「戦争を二度と繰り返すことがないように」と、片柱を後世に残すこと。   真田推し「真田石」と称される台座は、真田家の菩堤寺である信州上田「長谷寺」から取り出された石。そのこだわりは凄い。盾の隙間から鉄砲覗かせるところまでとは、神主さんやるね。「プリ...

GO GO WEST 2016秋-11 通天閣 

今週は11時位に就寝するものの、色々思うところあって午前2時過ぎには起きてしまう。以降悶々として眠れず、4時過ぎには職場に異動して雑用こなす毎日。いよいよ体力持たなくなってきた。  旅行前日から西加奈子の「通天閣」にどっぷりハマってた。登る気満々だったけど、待ち時間で断念。次は夜来よう。お腹空いた。昨夜が串カツだったから・・・・・恵美須交差点の大阪王将に吸い込まれました。いい感じで酔って、地図を...

GO GO WEST 2016秋-10  幸村終焉の地・安居神社 

   この一心寺の混雑が凄かった。大坂夏の陣で毛利勝永軍に打ち取られた本多忠朝(真田信之の義弟)のお墓はここに。その対面が真田幸村が亡くなったとされる安居神社。安居神社への入り口解らず、裏道ウロウロ。裏口から元は菅原道真が大宰府に流される時、風待ちのために休息をとった為に安居という名が付いたというお話の神社   疲労困憊で動けなくなった幸村。そこへ遭遇した松平忠直麾下の西尾某「も、もしや・・・・・...

GO GO WEST 2016秋-9  四天王寺 

ちょっとお疲れ。連休はどうしようかな。四天王寺聖徳太子建立七大寺の一つ 既存の仏教の諸宗派にはこだわらない全仏教的な立場から「和宗」の総本山として独立。      大阪駅でコインロッカーが見つからず右往左往して盛大なタイムロスしてやって来たのが四天王寺。直前まで激しい雨が降ったらしい。露天商の皆さんが屋台設置に難儀しておった。四天王寺式伽藍配置・・・・南から北へ向かって中門、五重塔、金堂、講堂を一...

GO GO WEST 2016秋-8 竹田城下 

   城下に善證寺(浄土真宗本願寺派)常光寺(真宗大谷派/初代太田垣光景墓)勝賢寺(浄土真宗本願寺派/桑山一重夫婦五輪双塔)法樹寺(浄土真宗知恩院末寺/赤松広秀供養塔)と並ぶ歴代城主菩提寺。僅かだけど中々な風情。      情報館「天空の城」開館ギリギリに職員到着、開館後も内輪話談笑・・・・やる気ないでしょ。土産物も遅れて開店。何だかなぁ。守兵が致命的に足りないのか、守将が無能なのか、割とあっさり落...

GO GO WEST 2016秋-7 竹田城/弐 

竹田城1443年 山名持豊が築城      太田垣光景が配され、以降1580年まで7代に渡る      山名四天王の一家だけど、四代俊朝の時代に山名氏から自立し、但馬の実権を握った。      織田・毛利間をウロウロして没落。1580年 豊臣秀長家臣 桑山重晴が賤ヶ岳の功績(笑)で1万石入封。 ここで秀長が近代的な縄張りに。1585年 桑山重晴 3万石で和歌山移封      赤松広秀 2万2千石 ...