FC2ブログ

category: 映画-欧州  1/13

ヒトラーを欺いた黄色い星

アドルフ・ヒトラー率いるナチスドイツは、ユダヤ人を敵視し、膨大な人々を惨殺してきた。その一方でドイツの首都ベルリンには、ユダヤ人たちがさまざまな場所に潜伏し、生き延びた人々もいた。激しい迫害と戦火にさらされながらも、必死に生き抜いた人々の証言を基に、物語が展開する。 第二次大戦時、ドイツで処刑されたユダヤ人は17万人。1943年2月には強制労働の為ベルリンに残されたユダヤ人も悉く逮捕収容所へ送られ...

「モーリス」「君の名前で僕を呼んで」「サイモン&タダタカシ」

本日は北関東城郭探索につき予約投稿。山形戦レポは後日なんで詳細レポはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府・ にほんブログ村/サッカー/山形  御参照の程。 ケンブリッジ大学へ進学した青年モーリスは、上流階級のクライブという男とホモ・セクシャルの関係になる。やがてクライブは卒業を迎え、弁護士になるため、モーリスとの関係を清算するが……。同性愛の世界を耽美的な映像で描いた青春ロマン。  1983年夏、北イ...

EVA

ベルトラン(ギャスパー・ウリエル)は、盗作した戯曲で成功したが筆は進まず、後援者から次の作品をせかされていた。彼が執筆のために別荘に到着すると、吹雪で足止めされた男女が窓ガラスを割って侵入していた。頭に血が上ったベルトランは入浴中の娼婦エヴァ(イザベル・ユペール)に詰め寄るが、一目で彼女のとりこになる。 男娼ベルトランは、入浴中に心臓発作を起こした顧客の作家を見殺しにした挙句、未発表戯曲を窃盗して...

ラブレス

週末出張中にて予約投稿です。大企業に勤めているボリスと美容院を営むイニヤの夫婦には、12歳の一人息子アレクセイがいるが、どちらにも新しいパートナーができて離婚協議中だった。離婚後の生活にアレクセイを必要としない二人は、ある夜激しい口論の末に息子を押しつけ合う。翌日、学校に行ったアレクセイの行方がわからなくなり……。 妊娠が解って勢いで結婚してしまったボリスとイニア。今はそれぞれに新しいパートナーがいて...

女は二度決断する

ドイツのハンブルクで暮らすドイツ人のカティヤとトルコ移民のヌーリは、晴れてゴールインする。以前は麻薬の売買に関わっていた夫も結婚後はまじめに働き、息子にも恵まれて一家は幸せに暮らしていた。しかし、ヌーリの勤務先の前で爆発が起き、彼と息子が命を落とす。それがドイツ人によるテロだと知ったカティヤは……。 かつては薬物売買に手を染めたヌーリだったが、今は更生し、トルコ人移民街でコンサルティング事務所を経営...

ロープ 戦場の生命線

1995年、停戦後間もないバルカン半島。マンブルゥ(ベニチオ・デル・トロ)が所属する「国境なき水と衛生管理団」は、井戸に死体が投げ込まれ、水が使えなくなってしまった村に赴く。死体の引き上げようとするがロープが切れてしまい、マンブルゥはビー(ティム・ロビンス)、ソフィー(メラニー・ティエリー)、通訳と危険地帯に新たなロープを探しに行く。やがてマンブルゥの元恋人カティヤ(オルガ・キュリレンコ)と合流し、ニ...

ゆれる人魚

海から現れた美しい人魚の姉妹が、1980年代をほうふつさせるナイトクラブを訪れる。セクシーかつワイルドな彼女たちは、一躍スターになるが、一人が美形のベーシストに恋をすると、姉妹の仲はたちどころに悪化し……。 ポーランド発の人間界に迷い込んだ人魚の姉妹のお話はホラーでファンタジーで寓話の世界。人魚の姉妹が思春期と云う設定が絶妙。サウンドトラックの設定も完璧すぎて、エンディングまで持っていかれた。・・・・や...

はじまりの街

夫の暴力から逃れるため、アンナは息子ヴァレリオと一緒にローマから親友カルラが暮らすトリノに移り住む。アンナが職探しに駆け回る中、転校したばかりのヴァレリオは友達もできず孤独を募らせ、二人の溝は深まっていく。見知らぬ街で新たな一歩を踏み出そうと奮闘する母子を、カルラや近所のビストロオーナーは温かく見守り……。 友達とサッカーで盛り上がって帰宅したヴァレリオが帰宅すると両親はケンカの真っ最中。母がDVを...

希望のかなた

カーリド(シェルワン・ハジ)は石炭を積んだ貨物船に隠れ、内戦が激化するシリアのアレッポから遠く離れたフィンランドの首都ヘルシンキにたどり着く。差別と暴力にさらされながら数々の国境を越え、偶然この地に降り立った彼は難民申請をする。彼の望みは、ハンガリー国境で生き別れた妹ミリアム(ニロズ・ハジ)を呼び寄せることだけだった。 フィンランドの首都ヘルシンキ。貨物船コンテナの石炭の中から這い出して降りてくる...

否定と肯定

1994年、イギリスの歴史家デイヴィッド・アーヴィング(ティモシー・スポール)が唱えるホロコースト否定論を自著「ホロコーストの真実」で否定していたユダヤ人の女性歴史学者デボラ・E・リップシュタット(レイチェル・ワイズ)は、アーヴィングから名誉毀損で提訴される。やがて、法廷で対決することになった彼女のサポートのためイギリス人による大弁護団が結成され、歴史の真実の追求が始まり……。 1994年、ジョージア州ア...