category: FOOTBALL!  1/85

2018.4.21 愛媛戦

甲府 (17位/勝点9)愛媛 (20位/勝点7)「言った言わない」、「言質取ってない」展開になってる 『3連勝しなかったら辞めます』宣言。何だかデストピアに突入した感のある甲府。JFKも理想に躓いて、現実的なサッカーに方向転換しました。達磨大師にその覚悟と戦術の引き出しが有るならば、3連勝しなくても辞任の必要はないと思います。でも昨シーズン最終戦で、1年でのJ1復帰宣言しちゃったし、今年上がっておかないと来シ...

2018.4.18 ルヴァン杯清水戦

清水 (1位/勝点6)甲府 (1位/勝点6)何と同勝点首位の攻防戦(笑)マジか !うん、これは全力で勝ちに行こう !いや、監督の進退懸かった愛媛戦の事考えると難しいな。ケガだけ気を付けましょ。にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府にほんブログ村/サッカー/清水エスパルスそれぞれご参照下さいな。    ...

松本戦はこうなった。

山賊焼きが売り切れていて・・・ ○| ̄|_"男前"はギリギリの勝利だったと謙遜したけれど、開始早々含めて、甲府の時間帯なんて20分も無かったと思う。スカウティングから完全に監督の差が出た試合だと思います。吉田監督の意図するサッカーが解らない。負けたとしても、納得する負けならば、ここまで拗れないと思う。3連勝を口にしちゃった以上、次節は修羅場だな。詳細レポートは、にほんブログ村/サッカー/甲府、 にほんブロ...

2018.4.14 松本戦

甲府 (13位/勝点9)松本 (15位/勝点8)前節はどちらも追いつかれてのドロー。中々浮上できません。甲府は小椋に続いて新井が中破離脱。対高崎考えると今津が先発。前線はリンスが復帰の予定とか。本日は参戦予定詳細プレビューは、にほんブログ村/サッカー/甲府、 にほんブログ村/サッカー/松本 それぞれご覧あれ。    ...

水戸戦はこうなった

水戸の素早いプレスは終了まで途切れる事は無かった。甲府が支配した時間は意外と短かったと思う。攻撃の形は作れていたけれど、前線で露骨に重なるシーン含めて距離感とか微調整しないとね。あの失点シーン含め、ジャッジは不透明ですね。詳細レポートは、にほんブログ村/サッカー/甲府、にほんブログ村/サッカー/水戸 それぞれご覧あれ。    ...

2018 4.7 水戸戦

甲府 (13位 / 勝点8)水戸 (7位 / 勝点11)前節、試合を支配していたけれど序盤の失点に泣いた水戸ちゃん。攻撃の形は既に完成形。前節、岐阜との撃ち合い制して連敗止めた甲府。その代償として小椋が大破、3ヶ月離脱 (T_T)本日の先発は前節ベースでだれがボランチに入るかが注目。ジネイとバホスの爆発に期待しよう。詳細プレビューは、にほんブログ村/サッカー/甲府、にほんブログ村/サッカー/水戸 それぞれご...

2018.4.4 ルヴァン杯 磐田戦

岐阜戦先発メンバ―以外の布陣が予想される中で注目はリンスの状態と、戦術で言えば、水戸戦に向けて、イニシアティブを取りつつ相手のDFラインを上げさせる巧緻の徹底でしょうか。詳細プレビューはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府にほんブログ村/サッカー/磐田それぞれ御参照下さい。    ...

岐阜戦はこうなった。

黒野城、鷺山城から徒歩でスタジアムへ アイドル呼ぶと、もれなくファンもついてきます。 肉ばっかし。                 /      エスコートキッズが力士の卵岐阜城望むロケーション!えーと、試合は4-3の馬鹿試合(笑)。甲府はバホスの"個"が際立った2得点含む4点岐阜の3得点、特に2.3点目の取られ方は甲府の守備が・・・・・(-_-;)とりあえず連敗脱出、バボスがこれで弾けてくれるといいんだけれど...

2018.4.1 vs岐阜

甲府 (18位/勝点5)岐阜 (13位/勝点7)相手のミスは見逃さない、アシストの他、得点に繋がる全てのパスに多くの選手が絡んでいる印象強いのが岐阜の得点シーン。その中心はワイドに展開する田中と古橋。この二人に引きずられると守備が大変かな。そんな二人に対峙する甲府の週替わりDFライン、今日はどんな顔ぶれでしょうか。詳細プレビューは、にほんブログ村/サッカー/甲府、にほんブログ村/サッカー/岐阜 それぞれご覧...

グンマー vs 琉球

数は少ないけれど、女性の声が響き渡ってた琉球サポ開門早々スタンドインして、甲府-岡山戦をDAZN観戦してからの生サッカー。日中は暖かかったんですが、15時過ぎからは上州からっ風が寒い!この強風を考慮してか、コイントスで風上を選択した琉球。あっ、琉球観るのは初めてですね。高校サッカーの名伯楽、布先生の群馬は4-4-2のオーソドックスな布陣CBは地元出身の坪内と"文蹴両道"久木田の二人。左SBは"常在左"の阿部ボランチは...