category: FOOTBALL!  1/76

2017.5.24 LevainCUP vs新潟

グループ6位と7位の消化試合。新潟は呂比須新監督の戦力見極め、甲府は控え選手アピールの公式テストマッチ。広島戦で露呈した前線と3ボランチが手詰まり&足が止まった場合の対処。ボザニッチをトップ下に入れるのも悪くは無いし、バランサーとして保坂投入も有りだと思うんですけどね。本日はどんなパターン試しますか。詳細プレビューはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府にほんブログ村/サッカー/アルビレックス新...

広島戦結果

GK 岡  DF 新里  畑尾 リマ MF 松橋  小椋  兵働 田中 阿部FW ウイルソン   ドゥドゥ13時半まで仕事だったから、小瀬参戦諦めてDAZN観戦。小椋のスーパーミドルでの先制でヒートアップした訳。「あぁ、今日のビールは旨いお」なんてね。同点に追いつかれても大丈夫だった。あれは工藤ちゃんに変わって先発したイケメン皆川の楔が見事だったよ。後半に入っても流れは広島。つーか、盆地の暑さだけじゃなくて、広...

2017.5.20 vs広島

甲府(13位/勝点13)広島(17位/勝点 6)よもやの低迷17位 ―― 前節はノーガード撃ち合い。聖域化されたベテランの不調と、入れ替わったFW陣の不具合が問題とされてる広島。まぁ定位置な13位 ―― 前節はクソジャッジ・・・・。「崩し切らなくたって勝ちきれる」達磨大師の戦術浸透してきた甲府。新潟戦がそうだったように、危機感半端ない下位チーム苦手な甲府です。柏vs松橋のマッチアップが攻守のポイントかな...

横浜戦結果

GK 岡 大生 DF 新里 亮 畑尾 大翔 エデル リマ MF 松橋 優 小椋 祥平 兵働 昭弘 田中 佑昌 阿部 翔平FW ウイルソン ドゥドゥ0-1前半終了間際の失点はGK岡のキャッチングミスから。これはこれで仕方ない。数字以上に横浜の方がゴール前はチャンス作っていたけれど、甲府の守備が破綻した訳ではない。“(相手を)崩し切る必要はない”――達磨大師の言葉ではないけれど、攻撃の構築も出来上がっ...

2017.5.14 vs横浜FM

横浜(11位/勝点13/得失 —1)甲府(12位/勝点13/得失 —2)リーグ戦3連敗の横浜。得点0の攻撃もさることながら、悉く後手後手になる守備が微妙な状態。今節はボランチ喜田が復帰する一方で、齋藤の出場が微妙と云うお話。対する甲府はウィルソンが復帰してドゥドゥとの2トップ。決定機は増えそうだけど、決定力は如何なもんでしょうか。アウェー横浜戦は毎回横浜に中盤を蹂躙されるイメージが強くて怖いです。詳細プ...

2017.5.10 LevainCUP vs神戸

プレーオフ進出がキツくなった甲府にとっては公式TMの呈も止む無しなカップ戦。磐田戦から中2日で、アウェー神戸で3日後にはリーグ戦。磐田との消耗戦闘った選手は使い難いけれどドゥドゥだけは調整せんと。詳細プレビューは にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 にほんブログ村/サッカー/ヴィッセル神戸それぞれご参照下さいな。    ...

磐田戦結果

 臣のサイン会と時間重なってプロレス見れなかった今日は10時過ぎに小瀬に到着したら第5駐車場まで満車(汗)機械団地の臨時も満車で、初めて有料駐車場を利用することに。好天で初夏の陽気いいスポーツ日和でしたね。さてそんな気候での試合は0-0のスコアレスドロー。63分から磐田が10人で戦った訳なんで、ちょっと悔しいドローです。再三引っかかったオフサイドトラップに象徴される磐田ディフェンスの妙もさることな...

2017.5.7 vs磐田

甲府(13位/勝点12) ― 磐田(8位/勝点15)ルヴァンカップ横浜戦は0-1のスコア以上に内容は酷かったと云う話。ウィルソンがベンチ入りするのは僥倖だけど、ドゥドゥの復調はもう少し時間が必要かも。一方、磐田の方も復帰する選手あるけれど離脱する選手も在り。中村不在でもパスワークには甲府より一日の長有る故、今日は中盤の攻防が楽しいかも。詳細プレビューはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府にほん...

2017.5.3 LevainCUP vs横浜FM

甲府(6位/勝点2)横浜(4位/勝点3)カップ戦とは云え、勝利して連敗の流れ断ち切りたい横浜カップ戦とは云え、神戸戦からのいい流れ継続したい甲府甲府の注目はFWの組み合わせ。復調できないドゥドゥの相方に新人道渕を抜擢。本来のポジションでなくとも実戦経験は大事だもんね。その他リーグ戦に出れなくて試合に飢えてる選手の起用がある訳で注目なんですが・・・DAZNで観れないとは。詳細プレビューはにほんブログ村...

神戸戦結果

神戸戦は某高層ビル展望台にてDAZN観戦。周りのベンチが埋まってる状態だったので先制点は自制してのガッツポーズ。その珠玉の一点は甲府の至宝堀米。DFの前に入ってボール受けた堀米も凄いけれど、クロス入れた田中、田中にフィードした・・・誰?・・・も良かった。試合は予想通り神戸の試合。ポゼッション作ってブロック攻略を試みる神戸の攻撃をGK岡中心によく守った。攻め込まれたし、シュート19本打たれたけれど、...