category: FOOTBALL!  1/80

アウェーC大阪結果

No image

本日は午前本業、午後屋外でボランティア活動に従事していて終了後、映画行って帰宅は21時。見逃し観る前にJリーグタイムで結果を知ってしまった。0-1は多少なりとも雨の影響あったかな。河田のパンチングが・・・・・0-2はPKまぁ主審がよく見ていたなぁ(笑)。河田も反応していたけど、多少雨の影響あったよね。スタッツ見るとチャンスは互角だけど、決められないからこの順位。だけど・・・・当たり前だけど、誰も折れ...

2017 10.21 vs C大阪

甲府 (15位 / 勝点28)C大 ( 6位 / 勝点48)清武が復帰して、柿谷FWで鳥栖に逆転勝ちで連敗ストップ、ACL圏目指すC大阪。先制したものの10人の東京に追いつかれてドロー、辛うじて降格圏脱した甲府。本日はドゥドゥ、リンスへの供給・チャンス増すべく、WBに高野、2列目に阿部が入ると云うお話。C大阪には、ソウザと山口と云う優秀で獰猛なボランチが構えてる。ここ何とかしないとね。本日は仕事で帰...

ホーム東京戦結果

先制して、ウタカが退場したものの正直恐怖しかなかった。後半に入る直前、タッチライン沿いで選手だけのミニミーティングやってた東京。ウタカがいなくなった東京は、逆に意図がハッキリして攻撃は脅威だった。だからこそ甲府も危険なところでファールしてFK献上してしまう。ルーズボールもクリアボールも東京に拾われていたし、パスも献上してた。追いつかれた結果の勝点1は至極妥当です。ジャッジコントロールも酷かったよな...

2017 10.15 vs東京

甲府(16位/勝点27)東京(11位/勝点37)横浜FM、柏に連勝したけれど以前降格圏な甲府。本日は“今シーズン、こんな筈では無かった”東京と対戦。既に来季を見据えた試合・・・・少なくとも安間監督だけにテスト的に選手組み替えてくる予感。まぁ誰が出ても(特に前線)、甲府的には脅威ですけど。対する甲府は前節と同じスタメン予想。好調2TOPに掛かる期待は大きいけれど、“残留して石原を送り出そう”と云う気持ちが新...

アウェー柏戦結果

No image

突発的な仕事を済ませてコンビニの駐車場でスマホ開いたら60分過ぎ(´;ω;`)。柏の攻勢に心臓バクバクの展開はドゥドゥのドラマティックなシュートでカタルシス!車内で挙げた半端ない咆哮は通行人振り向くレベル。この後、気持ちよく中学校の同級会に行けました。また、じっくりDAZN観戦するので今日はこれまで。今日も終日仕事です。13位 清水 29  磐田仙台東京札幌新潟神戸14位 札幌 28  木白東京鹿島清水...

2017 9.30 vs柏

甲府(16位/勝点24)柏  ( 3位/勝点53)「無双柏の攻撃 vs 甲府DF」試合の9割が多分この図式な訳で、残り1割がリンス + ドゥドゥ vs GK中村東京戦で柏が見せたハイプレスが半端ない脅威なんだな。明日が早朝から仕事なんで本日はDAZN観戦。13位 清水 28  大宮磐田仙台東京札幌新潟神戸14位 札幌 27  広島木白東京鹿島清水G大鳥栖15位 広島 26  札幌鹿島川崎浦和神戸東京木...

ホーム横浜戦結果

OB戦の顔ぶれ。練習見ていたら、色々思い出して涙腺緩んだ。一日空けてDAZNで改めて観戦してみると打ち合いで楽しい試合だった。試合中は心臓バクバクで、2-0になってもハラハラしてて、2-1の時にはリードに係わらずネガティブになったし。ドゥドゥがトッブコンデションに戻ったのは大きいし、リンスとのコンビネーションも良かった。横浜は中二日(120分)の影響が大きかった。久々に吉田うどん15位 広島 26  ...

2017 9.23 vs横浜FM

甲府(16位/勝点21)横浜( 5位/勝点48)前節、先制しつつも橋爪退場からバランス崩れ逆転負けの甲府、残留圏内を目指す闘い。前節は柏とドロー、水曜日に天皇杯広島戦で120分闘った横浜、ACL圏内を目指す闘い。120分闘って、中二日でも横浜FMのテンションは高いでしょう。その横浜FM迎え撃つ甲府は右WBに新人小出を抜擢、188cmのビリーはベンチスタート。リンスとドゥドゥのコンビも試合毎にフィットして来ているので...

アウェー鳥栖戦結果

旅先の道の駅でのDAZN観戦。鳥栖の2得点がCB。数を掛けてこられると数的不利な分いずれは破綻する。次節はまぁ好調なFWに加え、ビリー何とかが登場。最初から使うか、終盤での起用か。15位 広島 23  清水札幌鹿島川崎浦和神戸東京木白16位 甲府 21  横浜木白東京C大神戸新潟大宮仙台17位 大宮 21  磐田清水横浜木白C大仙台甲府川崎18位 新潟 11  札幌神戸G大磐田鳥栖甲府清水C大詳細...

2017 9.16 vs鳥栖

甲府(15位/勝点21)鳥栖( 9位/勝点34)前節“ウノゼロ美学”が崩壊した鳥栖の兄貴と、2試合続けて内容と結果が伴わず、哲学坩堝に足突っ込んだ甲府の対戦。「危機感は持つが悲壮感を持つ必要はない」と語ったのは吉田監督。解ってる事だけど指揮官に語って頂くの大きい。ホントそれでいいと思う。この状況を楽しんで闘おう。15位 甲府 21  鳥栖横浜木白東京C大神戸新潟大宮仙台16位 広島 20  C大清水札...