FC2ブログ
Top page  1/158
25
2019

LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て

CATEGORY映画―邦画







LOVEHOTEL.jpg
警察官の間宮は勤務時間中に歌舞伎町のラブホテルにビデオカメラをセットし、デリヘル嬢の麗華と情事を楽しんでいた。
ちょうどそこに間宮の妻で女性警官の詩織が入ってきて、パニックに陥った間宮が麗華を銃で撃ってしまう。
死体を処理するために麻薬の売人のウォンが呼ばれた頃、デリヘルのマネージャーの小泉も麗華を捜しにやって来た。


登場人物全員が屑で、全員に裏表が有って、全員が誰かの弱みを握っていて、誰かに弱みを握られている。
イニシアティブを取ったり取られたりのパワーゲーム密室劇の監督は宅間孝行。
人気舞台映画化と思ったら新作書下ろし。
芸達者が演じる究極の長回し密室劇はツボにはまって楽しかった。
ラストシーンで「おぉっ!」


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ



スポンサーサイト
24
2019

多十郎殉愛記

CATEGORY映画―邦画







多十郎殉愛記
親の借金から逃げて長州を脱藩した清川多十郎(高良健吾)は、無為に生活していた。
ある日多十郎は、新撰組に押されている京都見廻組から襲撃を受ける。
やがて小料理屋のおかみのおとよ(多部未華子)や、国元から上洛してきた腹違いの弟・数馬(木村了)を巻き込む死闘へと発展する。


長州藩士清川多十郎は家を異父弟に任せ脱藩、京都で無為流々な暮しをしていた。
折しも、京都は尊王攘夷浪人を取り締まる新撰組らの圧迫が強まっており、多十郎の剣の腕を知る元上司から桂小五郎の警護を要請されるものその気は無かった。
些細な喧嘩から岡っ引きの恨みを買ってしまった多十郎は、新選組に押され気味だった京都見廻組の知るところとなる。



大立ち回りの末、儚い結末となる物語は全てが薄っぺらかった。
脚本が弱ければ、演出も軽かった。
高良健吾以外の登場人物もキャラが立ってない。
極妻シリーズ、木枯し紋次郎など手掛けた中島貞夫監督作品なんですけど、ちょっと残念な作品。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
23
2019

車外眺桜








桜2
日曜日は小海線~しなの鉄道で長野へ。
車窓越しに桜を眺めつつ読書にいそしんでいた。

或る駅で乗車して斜め向かいのBOX席に座ったのが小さな子供二人連れたお母さん。
視界の隅に捉えていたけれど、何やら視線感じるもんで顔動かして見たら元カノさんだった。

それから互いに意識はしているけれど、ちゃんと目をあわせる事無く数駅。
上田駅で子供連れて降りる間際、初めてガッチリ目が合ったけれど、その眼に宿る意思が何なのか解らなかった。
ついでに俺様の心に沸き上がったモヤモヤも良く解らなかった。
こういうのを言語化するのが作家だったりするのね。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

22
2019

西方冗土

CATEGORY書籍







西方冗談
(「BOOK」データベースより)
「ヤクザ、アキンド、ヨシモト」マスコミに描かれる関西人は三つの人種のみで、かれらは「けつねうどん」と「たこやき」を主食にしており「わやでんがな」などの、奇怪な言葉を操りつつ「がめつい奴」を演じている―という、恐るべきカンサイ人の朝昼夜。街角の看板、貼り紙。試験に出る関西弁を縦横無尽、奇想天外に考察し、関西人にエールを贈り、ヨタを飛ばすエッセイ集。浪速はこれ一冊でわかります。

中島らも氏による隠れた大阪ガイド本。
関西人が地元を再確認して、大阪にやって来る人には恰好のトリセツ。
当たり前ですけれど真面目な方、冗談の通じない方は絶対読んじゃ駄目。
一昨年の大阪出張前に読みたかった。

因みに某アパレルチェーン店の店長さんが長野から大阪転勤の際に頂きました(笑)。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
21
2019

京都戦結果








京都戦
庄司中心の京都相手に新布陣での好ゲーム演じて、交代出場の曽根田のゴールによる1-0零封。

左WBは暫く荒木に任せて育てるのが良いかもしれない。

PK外すと負けない法則発動(笑)


詳細レポートはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 ・ にほんブログ村/サッカー/京都 それぞれ御参照下さい。  


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

20
2019

2019 4.20 vs京都








甲府広島
甲府 ( 5位/勝点16 )
京都 ( 7位/勝点15 )

水戸戦を受けて、先発メンバーの変更・ポジション微調整の見通し。
シャドーに入るウタカが前を向いてボールを受ける事も大きいけれど、ドゥドゥにタメを作るプレーが増えるのではと期待。

対する京都
中田監督がここまで予想外の健闘で(失礼)。
FW一美が大黒ばりにDFラインをズル下げさせる位置取り要注意。
あとはよく解らん。

詳細プレビューはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 ・ にほんブログ村/サッカー/京都 それぞれ御参照下さい。  


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

19
2019

キングダム

CATEGORY書籍







キングダム
(「BOOK」データベースより)
岸川昇は、リストラにあい失業中。偶然再会した中学の同級生、真嶋は「武蔵野連合」のナンバー2になっていた。
真嶋に誘われ行った六本木のクラブでは有名人たちが酒と暴力と女に塗れ…。
そんな中、泥酔し暴れる俳優に真嶋が「自分で顔をナイフで切れ」と迫る―。
絶叫と嬌声と怒号。欲望を呑み込み巨大化するキングダム。頂点に君臨する真嶋は何者か。


武蔵野連合ナンバー2として闇金と振り込み詐欺ビジネスを牛耳る真嶋。
偶然出会った中学の同級生・岸川は、中学時代格下だった真嶋から蔑まれ嘲笑された事をキッカケに、真嶋を探るようになる。
同時期、或る誘拐殺人の被疑者二人がそれぞれ自殺・殺害されると云う大規模事件が発生。
担当の刑事たちはネット掲示板から武蔵野連合に注目しつつあった。



仲間の絆を信じつつも真嶋の内面は空っぽ。
生来、希望を持ったことがない彼が抱いた野望は王国を築き上げる事。
その肥大化した欲望の闇は刑事すら飲みこんでいく。

闇金、振り込め詐欺、マネロン、半グレ、ネット掲示板・・・・と世相を反映させたノワールは、変なご都合主義だったり、齟齬が生じる事も無く、多少の中だるみは有るけれど殆ど一気読みの世界。
続編はどんな感じでしょう。


18
2019

我々はなぜ我々だけなのか

CATEGORY書籍







我々
(「BOOK」データベースより)
教科書に載っているジャワ原人や北京原人だけではない。
我々ホモ・サピエンスの出現前、アジアには実に多様な「人類」がいたことがわかってきた。
そして「彼ら」は、我々の祖先と共存する「隣人」だったかもしれない!ならば、なぜ今、我々は我々だけなのだろうか?
アジア人類進化学の第一人者に導かれ、「我々とは何か」を問いつづけた著者が最後に出会った衝撃の仮説とは?
知的興奮に満ちた、我々のための新しい人類学!


以前、現代人のDNAに旧人のDNAが数パーセント含まれてる旨の記事を目にして、頭の片隅に留めていたところ、朝日新聞の書評で本作取り上げられていたので速攻購読。

北京原人、ジャワ原人、フローレス原人、澎湖人・・・・遥か太古、アジアには多種多様な"人類"が共存していた。
それだけでも驚異なのに、淘汰の末に現代人の祖先だけが生き残った。
何故に?
自然の摂理? ジェノサイドはあったの?

最前線の研究者と研究を、科学ジャーナリストが懇切丁寧に解り易く解説していて、高揚感を抑えつつほぼ一気読み。
タイトルが「我々はなぜ我々だけなのか」で、最終章では或るスリリングな可能性について語ってる。
読み終えた直後にこのニュース
大胆な仮説がこの先、ひょっとすると・・・・大人の好奇心を揺さぶるサイエンスレポート。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
17
2019

ハンターキラー 潜航せよ

CATEGORY映画-米







ハンターキラー
ジョー・グラス(ジェラルド・バトラー)が艦長を務めるアメリカ海軍の攻撃型原子力潜水艦ハンターキラーに、ロシア近海で行方不明になった同海軍原潜の捜索命令が下る。
やがてハンターキラーは、沈没したロシア海軍の原潜を発見し、生存していた艦長を捕虜として拘束する。
さらに、ロシアで極秘偵察任務にあたるネイビーシールズが、世界の命運を左右する巨大な陰謀をつかむ。
それを受けてハンターキラーは、敵だらけのロシア海域に潜航する。



ロシア・コラ半島沖でロシア原潜コーニクを追跡中のアメリカ原潜タンパ・ベイが消息を絶った。
捜索に向かうのは"ハンターキラー"こと原潜アーカンソーで、艦長のグラスは現場叩き上げのノンキャリ。
到着したアーカンソーは撃沈されたタンパ・ベイを発見、その直後、氷山に潜んでいたロシア原潜に急襲される。
敵原潜を撃沈したアーカンソーは沈没したロシア原潜コーニクを発見 ―― その船体には謎の爆発痕。
グラスが反対を押し切って救出した生存者の中に艦長アンドロホフがいた。
一方、コラ半島ポラニョイ海軍基地を探るべく侵入したネイビーシールズから驚愕の情報 ―― ロシアで軍事クーデターが発生した。



「潜水艦映画にハズレなし」の通り、密室内での心理戦はスリルに溢れてた。
ネイビーシールズによる壮絶な救出劇のアクションも凄かった。
ワイルド・スピードチームの製作だから割と荒唐無稽な展開なんだけれど、その辺は全く問題ない。
色々盛り込んだ潜水艦アクションサスペンスは大傑作なのだ。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ


16
2019

桜🌸

CATEGORY写真








桜
小瀬の桜
ギリギリセーフ


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
15
2019

水戸戦結果








水戸戦
期待の前線だけでなくチーム全体が水戸ちゃんのハイプレスに大苦戦。

これまで引き分け結果オーライ的になっていたんで、問題点が露呈したのは或る意味良かったのではないかと。

しっかし、ロスタイムでの失点はキツい(笑)


詳細レポートは、にほんブログ村/サッカー/甲府にほんブログ村/サッカー/水戸 それぞれご覧あれ。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
14
2019

2019.4.14 vs水戸








甲府徳島
甲府 (2位/勝点16)
水戸 (3位/勝点16)

単独で運べる選手が多いけれど、その辺抑制気味にして組織した中盤 ―― これが水戸のストロングポイント。
昨年同様のハイプレスに加えて、攻撃に関してはサイド(左)から仕掛けがメイン。
4-4-2で3バックの相手に対しては両翼が自重気味で試合を開始してる印象が強い。

対する甲府。
水戸の左(志知-木村)に対峙するのは田中と大本営予想。
岐阜戦のプレー再現を期待しよう。
前線はドゥドゥ・ウタカ・バホスが揃い踏みして、水戸のハイプレスに挑む形に。

本日は現地参戦。
詳細プレビューは、にほんブログ村/サッカー/甲府にほんブログ村/サッカー/水戸 それぞれご覧あれ。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
13
2019

空の瞳とカタツムリ

CATEGORY映画―邦画







空の瞳とカタツムリ
岡崎夢鹿(縄田かのん)は、アトリエでコラージュ作品の創作に没頭し、虚無感を紛らわすために男と体を重ね続けていた。
彼女の美大時代からの友人・高野十百子(中神円)は極度の潔癖症から性を嫌い、二人の共通の友人である吉田貴也(三浦貴大)は夢鹿のことが好きだった。
ある日、十百子は夢鹿の紹介で、ピンク映画館でアルバイトをする。十百子は、そこに出入りする大友鏡一(藤原隆介)から思いを寄せられる。


夢鹿、十百子、貴也の3人は美大同級生。
夢鹿は古いアトリエでコラージュ創作に没頭、誰彼問わず男と寝る日々 ―― 空ろな内面を埋めるだけ。
十百子は極度の潔癖症で"性"を嫌いつつも、夢鹿を一途に想い続けている。
貴也もまた一途に夢鹿を想い続けていた。 
そんな3人がいつまでも普通の友人関係を続けられる訳が無かった。



いびつで、歯がゆくて、痛々しい青春物語。
思慕と軽蔑、崩壊と解放、生々しい矛盾に不思議な儚さを感じてしまった。
映像美を意識し過ぎるあまり、脚本と演出に無理があるのは許容範囲で。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 人気ブログランキングへ
 
12
2019

DAY AND NIGHT

CATEGORY映画―邦画







DAYANDNIGHT.jpg
明石幸次(阿部進之介)は、内部告発した父が自殺に追い込まれたのを機に実家に帰るが、家庭は崩壊寸前だった。
そんなとき、児童養護施設のオーナーの北村(安藤政信)が彼に救いの手を差し伸べる。
明石は、孤児を養う一方で子供を守るためなら罪を犯すのもやむを得ないという考えを持つ北村に魅了される。



父親の自殺を機に帰郷した明石幸次に手を差し伸べたのは児童養護施設のオーナーの北村。
北村から、或る取引企業の内部告発した父親の知らない一面を知る孝次。
北村は孤児達を養う一方でアンダーグランドな犯罪を手広く組織していた。
そんな北村の信念に孝次は惹かれていく。



善悪の境界線は人それぞれ、そこに至るキッカケにも依るし、結論に至る環境にも依る。
導かれた正義の定義と、その行使と覚悟も人それぞれ。
たぶん製作側は最初から共感を望んでなくて観た側に判断委ねてる。
「貴方はどう思う?」
そういう空気が良かった秀作。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 人気ブログランキングへ
 
11
2019

平成最後の雪ダルマ








4月雪
昨日は積雪9センチ
折角なんで、ダルマ弁当のケースで平成最後の雪ダルマ製作したった。

雪中ぬこ02
どうせ降るなら、ドカッと積もって頂いて遊びたいんだな。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 人気ブログランキングへ
 
10
2019

金子文子と朴烈









金子文子と朴烈
1923年の東京、金子文子(チェ・ヒソ)は社会主義者たちの溜まり場となっていた有楽町のおでん屋で働いていた。
彼女は朝鮮人アナキストの朴烈(イ・ジェフン)がしたためた「犬ころ」という詩に魅了される。
そして文子は朴烈に会うと同時にその強い意志と孤高の魂に呼応し、かけがえのない同志、恋人として彼と一緒に生きていこうとする。



社会主義者のたまり場となっていたおでん屋で働く金子文子。
彼女は「犬ころ」と云う誌に魅了されていたが、書いたアナーキスト朴烈に出逢った瞬間から彼に惹かれる。
同志であり恋人として二人で生きていくと同居を始め、二人の発案で政治結社「不逞社」が結成された。
思想に盛り上がっていく最中、関東大震災が発生、朝鮮人暴動のデマが広がる。
社会不安を収めるべく社会主義者、朝鮮人が検束される中、スケープゴートされた二人は獄中で闘う事を決意する。



過酷な環境で育ち、教育を受けた事がない金子文子は、身をもって社会主義思想を具現化。
そんな彼女を惚れさせたアナーキスト朴烈のバイタリティ。
検事の書いたシナリオに敢えて乗った二人、その強さ、その志の崇高さ、その自由な情熱。
過激な物語に圧倒された。
波乱な人生の美しさに圧倒された。
気高さに圧倒された。
凄い女傑がいたもんだ。

帰宅してWikipediaで色々調べて絶句 !

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 人気ブログランキングへ
 
09
2019

ブラック・クランズマン

CATEGORY映画-米







ブラッククランズマン
アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、捜査のために電話で白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に応募する。
黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は、入会のための面接に進み、彼の代わりに白人の同僚刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライヴァー)が面接に向かう。



黒人差別が横行する1979年の コロラド州スプリンクス。
黒人青年ロンが刑事として採用された。
彼は初めての黒人警官で周囲からの視線も厳しかった。最初に配属されたのは資料室、続いて麻薬課。
そして次の配属先情報部で暇つぶしに見た新聞にKKKの募集記事 ―― ロンは冗談半分に電話をするが、相手は完全に信じてしまい支部の人間と会うことになる。
黒人のロンが行ける訳ではないので、ロンの身代わりとして白人刑事フリップが潜入することになる。
フリップの潜入捜査が始まるが支部員フェリックスは常にフリップを疑っていた。
そんな中、ロンは会員証を手にすべく、再度KKKに電話をすると対応したのは最高幹部のデューク。
デュークは新たにKKKに入団を認められた人たちに会いに来るという。
そんな折、フェリックスら一部の会員は独自にプラスチック爆弾を入手し、黒人集会と殺害計画を進めていた。



コミカルでシニカルなエンタ作品の呈を成しているけれど、とんでもない社会派作品。
フッっと苦笑の直後に、ゾワッとさせられるシーンの繰り返し。
ラスト数分後に流れる問題映像に戦慄するんだけれど、鑑賞後作品を振り返って一番恐ろしいと感じたのはKKK団員の"無邪気"さ。 
何とも言えない違和感を感じた作品の元は実話を基にしたノンフィクション小説。
これをスパイク・リーが映像化。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 人気ブログランキングへ
 
08
2019

町田戦結果









町田戦
前半と後半で別チームなのはお約束。
FW4人のパワープレーも定番化。
長いシーズン考えたらよろしくないですね。

町田は5人先発を入れ替え、いずれも足元に収めるのが上手い選手だったのは対甲府のスカウティングから。
特にFWジョン・チュングンは抜群の活躍だった。

伊藤監督の言葉借りるまでもなく、勝点1を拾った試合です。
補強した割に両WBは懸念。

詳細レポートは
にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 にほんブログ村/サッカー/町田 それぞれ御参照の程。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 人気ブログランキングへ
 
07
2019

2019.4.7 vs町田








甲府町田
甲府 ( 1位/勝点15)
町田 (14位/勝点 9)

岐阜戦ではWB田中+荒木が結果を出して、ドゥドゥは気持ちよく2発。ウタカは休養。
DFの怪我人は懸念材料だけれど、オプションが充実してきて難敵町田戦。
オーソドックスな先発になるのか、新たな布陣を敷くのか注目。


詳細プレビューは
にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 にほんブログ村/サッカー/町田 それぞれ御参照の程。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ 人気ブログランキングへ
 
06
2019

ゴールデンスランバー








ゴールデンスランバー
強盗に襲われた人気アイドル歌手を救い国民的ヒーローになった宅配ドライバーのゴヌ(カン・ドンウォン)は、次期大統領候補者を狙った爆弾テロに遭遇する。
大統領直属の機関である国家情報院は彼を犯人だと判断し、メディアでも大きく取り上げられる。
ゴヌは、わけも分からぬまま追われる身となる。



宅配ドライバーのゴヌは仕事中、暴漢に襲われた国民的アイドルを助けた上、表彰で頂いた報奨金を寄付した。
これが報道されると元来のお人好しな性格とイケメンな事から一躍有名人に。

かつてのバンド仲間ムヨルに呼び出され、二人で会話をしていたゴヌの目の前で自動車が爆発 ―― 大統領候補者ユ・ヨングクが暗殺されたテロ。 
動揺するゴヌにムヨルが云う ―― 「今民的英雄ゴヌが、大統領候補を暗殺して自爆する。それが我々の計画だ」と。
茫然とするゴヌにメモを渡し、ムヨルが続ける ―― 「誰も信じるな、生きろ ! 」
ゴヌに代わって自爆したムヨル。―― その瞬間、ゴヌは逃亡者になった。



伊坂幸太郎の人気小説で、日本でも映画化された「ゴールデンスランバー」の韓国リメイク版。
原作の"要人に対するテロ"・"国家的陰謀"というプロットが如何にも韓国的で親和性が有る上、アクションシーンは韓国ならではだし、原作とは違う大胆なラストシーンも納得。
結構お薦めの作品です。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ