Top page  1/166
24
2017

night walk 豊洲






豊洲01

豊洲02

豊洲03

豊洲04

豊洲05

市場が移転したら夜景も変わるでしょうか。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
23
2017

メッセージ

CATEGORY映画-米







メッセージ
巨大な球体型宇宙船が、突如地球に降り立つ。
世界中が不安と混乱に包まれる中、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は宇宙船に乗ってきた者たちの言語を解読するよう軍から依頼される。
彼らが使う文字を懸命に読み解いていくと、彼女は時間をさかのぼるような不思議な感覚に陥る。
やがて言語をめぐるさまざまな謎が解け、彼らが地球を訪れた思いも寄らない理由と、人類に向けられたメッセージが判明し……。



言語学者ルイーズは一人娘を若くして亡くし、失意の日々を送っていた。
ある日、地球上各所に現れた宇宙船の対応に苦慮する中、軍から船内にいる者たちの言葉の解読を依頼される。
ヘブタポットと名付けた“彼等”とようやく意思疎通が図れるようになった頃からルイーズは不思議な感覚を覚えるようになる。
それは無くした娘ハンナの記憶、朧げな夫の事。
やがてルイーズは気が付いた ―― ヘプタボッドと人類の間に存在する時間軸の概念。
そして彼等が人類に伝えたかった事。
その一方でシビレを切らした中国等の国家が核攻撃を画策していた。



「2001年宇宙の旅」を基準にして“SF傑作”か“偉大なるB級”と区分けされちゃうジャンル。
最初から後者割り切ってる作品は大抵楽しい。
それで当作品がどちらかと云うと賛否真っ二つらしい。

観客の知的好奇心の斜め上行き過ぎな時間軸/云わば相対性理論の世界は難解。
この辺の知識量が有ると無いとでは面白さ/満足度が全然違うんだろうけど、そこに哲学的な要素も入ってくるから、正直「圧倒された」というのが全て。

“ペプダポッド”のアシストが有ったとは云え“人知を超えた世界”に、英知を集結して挑んだ筈の人類だけれど、最後の最後で国家
の論理が顔を見せる。
ここの解決と伏線の回収の解釈が理解出来るか出来ないかが作品の賛否かな。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
22
2017

夜空はいつでも最高密度の青色だ

CATEGORY映画―邦画








夜空はいつでも最高密度の青色だ
2017年東京。看護師の美香(石橋静河)は病院に勤める傍ら夜はガールズバーで働き、漠然とした不安や孤独の中で日々過ごしていた。
一方、工事現場での日雇い仕事に従事する慎二(池松壮亮)は、常に死の気配を感じながらも何とか希望を見いだそうとしていた。
排他的な都会で生きづらさを抱えつつも、懸命に生きるすべを模索する二人が出会い……。



看護師として病院に勤務する傍ら、夜はガールズバーで働く美香。
常に言葉にできない不安や孤独を抱え、同僚と合コンに行っても、バーで接客していても、それが解消されることは無い。
安易に誰かに寄りかかる度胸も、甘えさせる隙を見せることも無く、冷めた台詞を語って無為に日々をやり過ごしていた。

工事現場で日雇い仕事の慎二。
常に死の気配を感じ怯え、空虚の中に何とか希望を見出そうと喘いでいた。
決まった仲間と緩く繋がってはいるけれど満たされる事は無い。

そんな生きづらさを抱えた二人が東京で出逢い、やがて恋が始まった。



慎二の兄貴格な智之も何処かすかしている感が強いけれど、やっぱり孤独だった。
出稼ぎアンドレスにはフィリピンに妻子がいた。
中年岩下はもう体がボロボロで仲間の足手まといになりつつあった。

慎二の住むアパートの独居老人 ―― 慎二にゴミを片付けてもらい、慎二にお薦めの本を紹介する。
田舎に住む美香の家族 ―― 母の姿は無く甲斐性のない父親と外界に出たい高校生の妹。
淡々と仕事進める現場監督に、マンションで音楽に興じるアンドレスの仲間と、それにキレる隣人。
美香の元恋人に、慎二に何かを伝えたい同級生・・・・そして路上シンガーの女の子。
二人を取り巻く人々も意味深で、何か心に抱えてる。


誰もが美香だし、慎二だ。
誰もが似たような生きづらさを抱えてる。
透明にならなくては息も出来ない。
ではその形作っているものは何なんだ。


最果タヒさんの同名詩集が原作となった作品は、詩集同様に冒頭から心鷲摑み感が半端なかった。
東京の夜空の下で、その日暮らしのような毎日、息をするのも精一杯。
だけども他愛のない事に幸せを感じる。
ちょっとした出会いが希望になる。
ふとした瞬間が明日に繋がったり、夢に続いていく。

きっと絶望に陥るキッカケもそれに近いんだけれど、前向きに生きている限り何とかなる。
誰もがもがいて喘いで溺れそうに生きてる。
誰もが何気なく恋をして希望を見つけて生きている。

そんな事を美香と慎二の二人を通して描いてみた。
瑞々しい演出で描いてみた。
人生っていいなぁ、不器用でも生きてるって悪くないよ。
そう思えてしまう幸福感と満足感。
原作の心地よい読後感が見事に映像化されてた。
本当に素敵な映画でした。


仕事を辞めた岩下の言葉「死ぬまで生きるさ」、そして呟く「ざまあみやがれ」・・・・・・・強烈。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

21
2017

2017 天皇杯 2回戦 甲府vs八戸







甲府八戸
ヴァンフォーレヴァンラーレによるヴァンヴァンダービーだそうです(笑)。

既にJ3ライセンスホルダーの八戸はJFLで現在5位
監督が柱谷凍傷
選手ではDF野垣内(前岐阜) MF金久保(水戸、長野他) GK田中(大原ー大宮、長野他)位しか解らん。
一番の注目はJ1~JFLきっての名物サポーター、ティガ―マスク氏。
平日じゃなかったか観に行きたかったなぁ。


詳細レポートは
にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 ・ にほんブログ村/サッカー/八戸 それぞれご参照!

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
20
2017

tokyo twilight








twilight 01

twilight 02

twilight 03

twilight 04

twilight 05
黄昏の東京はワクワクが止まらない。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
19
2017

柏戦結果








甲府柏戦
宴会の最中、堂々とスマホでDAZN観戦。
お酌に見えられた皆様と不思議なサッカー談義に花が開いた2時間。

終盤の柏の猛攻はビビった。
よく走って良く守った。
集中を切らさなかったからゴール婆さんも味方してくれた。
そんな試合。
中村無双がいるからゴール婆さん必要ない柏的には、まぁ残念な試合だったのかな。

詳細レポートは
にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府
にほんブログ村/サッカー/柏レイソル


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
18
2017

ローガン

CATEGORY映画-米







本日は仕事で予約投稿です。
柏戦は見逃し観戦して感想は明日! 
つー事で詳細レポートはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府にほんブログ村/サッカー/柏レイソル ご参照下さいな。



ローガン01ローガン02
近未来では、ミュータントが絶滅の危機に直面していた。
治癒能力を失いつつあるローガン(ヒュー・ジャックマン)に、チャールズ・エグゼビア(パトリック・スチュワート)は最後のミッションを託す。
その内容は、ミュータントが生き残るための唯一の希望となる少女、ローラ(ダフネ・キーン)を守り抜くことだった。
武装組織の襲撃を避けながら、車で荒野を突き進むローガンたちだったが……。



2029年のアメリカ。
既にミュータントの殆どが死滅していた。
リムジン運転手として生計を立てるローガンに往年の姿はもう無い。
稼いだお金で非合法に買った薬 ―― それは同居する衰えたチャールズ・エグゼビアの発作を防ぐためのもの。

ある日、メキシコ人看護師ガブリエラから一人の少女 ―― ローラの庇護を求められる。
拒絶するローガンだったが、武装組織の襲撃の最中、ローラの手足から伸びてくる爪と、彼女の途轍もない戦闘能力を眼にする事になる。
彼女こそがローガンのDNAから生まれたミュータントだった。
ローガン、ローラ、チャールズ・エグゼビアの疑似家族の逃避行が始まった。


冒頭から一気に老け込んだ感が強い、本当にくたびれたローガンが登場する。
タイトルを「ウルヴァリン3」ではなくて「ローガン」にした意図がこの容貌から伺えた。
これはミュータントではなくて一人の男の終焉の物語なんだなと。

過去の物語で、限りなく人間との関係性を遠ざけてきた感のローガン。
それが能力が失われつつある状況になって、人間的衰えを実感した。
3人の逃避行で初めて憶える感情。
そしてそして最後の最後で・・・・・(ネタバレ)。
そこは万感だったかな。
ちょっと変わった人間ドラマで「ウルヴァリン」のエンディングです。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
17
2017

2017.6.17 vs 柏








甲府柏
甲府(14位/勝点14) - 柏(1位/勝点30)

YoungGun's無双で8連勝な柏と、前節ワーストワンな試合した甲府の対戦。

割とカウンター志向の柏は、世代交代した若手中心の怖いもん無しの守備が或る意味でストロングポイント。
更にどこが大注目かと云うと右サイド/小池+伊東の快速ライン。
ここ対峙する甲府の左はアベショーが出場停止で、今日は橋爪?
暑さで疲弊が心配な3ボランチとの連携が肝ですね。

一方の攻撃。
前述した柏のイケイケな守備が前掛かりになったところをシンプルなカウンターで攻めるのが甲府のポイントでしょうか。
本日の2TOPはどんな組み合わせ ?
カップ戦で結果残した河本を何故使わない?



さて、俺ちゃんは本日仕事です。
試合時間と大大イベントが重なってまして、抜け出してDAZN観戦すら出来ません。
Twitter民の皆様、宜しくお願い致します。

詳細プレビューは
にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府
にほんブログ村/サッカー/柏レイソル


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
16
2017

tokyo night walk








night walk 01

night walk 02

night walk 03

night walk 04

night walk 05

night walk 06
週末に向けて忙し忙し・・・・ホント、心亡くしますね。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
15
2017

夜に生きる

CATEGORY映画-米







夜に生きる
禁酒法時代のボストンで、ジョーは警察幹部の父親に厳しくしつけられた。
だが、彼はその反動でギャングの世界に足を踏み入れる。
ある日、ジョーは強盗に入った賭博場でエマと運命の出会いを果たすが、彼女は対立している組織のボスの愛人で……。


第一次大戦の除隊後、ギャングと云っても数人の仲間とコソコソやっていた程度だったが次第にエスカレートしていくジョー。
イタリア系とアイルランド系が激しく対立する中、アイルランド系ギャングのボス・ホワイトの愛人エマと相思相愛の仲になってしまう。
強盗事件の犯人として収監されたものの、警視正である父親の尽力で僅か3年で出所したジョー。
同時期、ホワイトの指図でエマが殺害されたと聞き及んだ彼は、ホワイトの仇敵マソ・ペスカトーレの配下に。
やがて才覚を認められたジョーはフロリダ・タンパへ送り込まれ、期待にそぐわぬ結果を出す。
そして思いがけない出会いをする事になる。



悪に手を染めていても、エマとの純愛が全てで真実だったジョー。
そのエマを喪失して“夜に生きる”決意固める。
覚悟を決めた人間は強い訳。

滅茶苦茶ハマった。面白かった。
昔はこんな感じのクライムでバイオレンスでノワールで色気のあるギャング映画が一杯有った。
観ていてワクワクしつつ、どこか懐かしさを感じた作品。
監督/制作/脚本/主演を全てベン・アフレックがこなしているから齟齬も無ければラグ(rug)も見当たらない。
時代背景+歴史背景知ってると数倍楽しめるかな。
女性陣が完璧だったのも良かったな。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
14
2017

TOKYO DRIVE  route304 ⇒ 473







豊洲~月島~福富町
tokyo drive 晴海01

tokyo drive 晴海02

tokyo drive 佃大橋01

tokyo drive 佃大橋02

tokyo drive 佃大橋03

tokyo drive 佃大橋04
周囲の光源?を絞らないと光跡が際立たないのは何となく解った。
詳しい人教えて下さいな。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
13
2017

TOKYOデジベル

CATEGORY映画―邦画








TOKYOデジベル
大学教授の宙也(松岡充)は、東京の音の地図を作るという夢のため、東京中の音を集め、解析をしている。
ある日、ピアノの調律師をしている恋人のフミ(安達祐実)が、音がズレていたと言い残して彼の元を去ってしまう。
そんな宙也に、家政婦として謎の女マリコ(安倍なつみ)が近づく。マリコはフミの生活を盗聴するよう宙也に提案し……。


宙也と娘、事実婚関係のフミの家族。
宙也は終日ガンマイクを持って東京の音を収集する毎日。
調律師のフミは、“音”の違和感に苦しみ、やがて宙也の元を去っていく。
入れ替わるようにやって来た家政婦マリコは以前から宙也を知っていた。
マリコに勧められフミの生活を盗聴するようになった宙也だが・・・・




原作は大傑作です。読んでいて物凄く良かったので期待してたけど全く違う作品。
「こんなに原作壊さなくてもいいじゃん」と思ったら、脚本監督は原作者の辻仁成本人だった。
無理に詰め込んだり、余計な伏線張ると回収不能になる典型。
キャストもミスマッチングかな。
原作読んでなくて鑑賞した方の感想が聞きたいです。





にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
12
2017

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックス

CATEGORY映画-米







ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス
ピーター(クリス・プラット)は“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のまとめ役として、刑務所で出会ったくせ者たちを率いている。
宇宙一荒っぽいアライグマのロケットは、ブツブツ文句を言いながらも小さな相棒ベビー・グルートと共に銀河の平和を守るために奮闘。
緑色の肌を持つ美しい暗殺者ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)らと共に行動し……。



“スターロード”クイル率いるガーディアンズ・オブ・ギャラクシーは人口惑星ソヴリンに雇われて一仕事。
成功報酬頂いて帰ればいいのに、ロケットがソヴリンの貴重なアニュラックス電池を盗んだことから追われる羽目になる。
窮地の彼等を救ったのがエゴと云う男 ――クイルの父親を名乗るエゴの惑星に向かう一行。
一方で留守番していたロケットとグルートはソヴリンに雇われた宇宙海賊ラヴェンジャーズに拘束されてしまった。



マーベル作品の底流“繋がり”に関しては、前回に続いて“仲間”。そして今回は“父と子”そして“家族”ですね。
前作同様70’~80’がちりばめられたエンターテイメントの王道は、とにかく楽しい、とにかく面白い。
いや、他に感想が浮かばない。
やっぱり字幕がいいね。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
11
2017

マンチェスター・バイ・ザ・シー

CATEGORY映画-米








マンチェスター
ボストン郊外で便利屋をしているリー(ケイシー・アフレック)は、兄ジョー(カイル・チャンドラー)の急死をきっかけに故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ってくる。
兄の死を悲しむ暇もなく、遺言で16歳になる甥のパトリック(ルーカス・ヘッジズ)の後見人を引き受けた彼は、甥の面倒を見るため故郷の町に留まるうちに、自身が心を閉ざすことになった過去の悲劇と向き合うことになり……。



ボストンでマンションの管理人兼便利屋稼業のリー。
心に闇を抱えてて生きるリー。
悪気は無くとも、ぶっきらぼうな風体と対応に余り評判は良くはなかった。

ある日、古い友人ジョージから連絡が入った ―― 兄ジョーの急逝。
病を患っていたジョーの遺言 ―― 息子パトリックの後見人をリーに託す。
止むを得ず故郷に滞在することになったリー ―― 必然、自分の過去と向き合うことになった。



明らかになる彼の過去。
癒えない傷を抱えて生きていく過酷さ。
独りで抱えきれない感情。

心閉ざして、誰も知らない街で生きる選択を選んだリー。
何処かで時間は止まったまま。
逃げた? ―― 多分、それで良いと思っていた筈。
 ―― これ以上苦しみたくない?
   ―― 否、もっともっと自分自身を追い込めばいい
     ―― 自暴自棄に近い感じ
 

だけど、そのままでは終わらない。
何れどこかでケリはつけなければならない事は解っていた。
諦念しても、何れどこかで噴き出すのも人間だから。

それを急逝した兄が見つけてきた。
ここは残していったと云うべきか。


自分に赦しを請う人がいた。
実は自分だって赦しを請いたい。
この結末に正解は無いだろうし、リーはこれからも葛藤するんでしょうね。
ただ確実に心は軽くなったはず。


何の情報も無いままでの鑑賞したんだけれど、ステレオタイプの人生再生物語ではない処にヤラれた。
今年のベスト3に入る素晴らしい物語は、実体験が重なって少しキツかった。
実際はそんなに安易に光射さないとも思うけど。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
10
2017

TOKYO DRIVE 日比谷通り








tokyo drive 日比谷通り00

tokyo drive 日比谷通り01
tokyo drive 日比谷通り02
tokyo drive 日比谷通り03
話題のマリオカード。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ