FC2ブログ
Top page  1/202
16
2018

2018 5月読んだ本

CATEGORY書籍







読本

「凶犬の眼」 柚月裕子
(「BOOK」データベースより)
所轄署から田舎の駐在所に異動となった日岡秀一は、穏やかな毎日に虚しさを感じていた。そんななか、懇意のヤクザから建設会社の社長だと紹介された男が、敵対する組長を暗殺して指名手配中の国光寛郎だと確信する。彼の身柄を拘束すれば、刑事として現場に戻れるかもしれない。日岡が目論むなか、国光は自分が手配犯であることを認め「もう少し時間がほしい」と直訴した。男気あふれる国光と接するにつれて、日岡のなかに思いもよらない考えが浮かんでいく……。
警察vsヤクザの意地と誇りを賭けた、狂熱の物語。


懲罰で僻地の交番勤務となった日岡秀一の前に現れた指名手配中の大物ヤクザ。
大上の薫陶を受けた日岡秀一の胸中に二律背反の感情が湧き出した。

「孤狼の血」公開に合わせての続編は実在した山一抗争がモチーフ。
前作程の衝撃は無かったけれど一気読みしてしまった。




「関ケ原の合戦はなかった」 乃至政彦 高橋陽介
(「BOOK」データベースより)
主戦場は関ヶ原の平野ではなく、家康も三成もいなかった!…一次史料から、従来の「関ヶ原合戦」観を覆す驚愕の真実が浮かび上がる!

通説が勝者だけの歴史だったり、〇〇史観の影響と云うのは幅広く認知されているところ。
石田三成が首謀者と云うのは確かに微妙。
何だかんだ言って、上杉も毛利も先々見越して領土拡大に軍事行動起こすのは有りかなぁ。
有名な作家さんが蛮勇奮って新説書いて欲しい。





「CHAVS」 オーウェン・ジョーンズ
(「BOOK」データベースより) 
これが、新自由主義の悲惨な末路だ!緊縮財政、民営化、規制緩和、自己責任社会…。支配層の欺瞞を暴き、英米とEU各国で絶賛された衝撃の書!

Wikiで色々検索したり、様々な新書参考にしながら、ほぼ1カ月掛けて読み終えた。
2011年に上梓された当作を読んだ誰もが、そう遠くない未来の日本を思い描いた事でしょう。
2018年現在、可視化された階級社会に、民営化に、規制緩和に・・・・重い、暗い。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト
15
2018

2018 4月読んだ本

CATEGORY書籍








読本



「陰謀の日本中世史」 呉座勇一
(「BOOK」データベースより)
史実とフィクションは明瞭に違う!
◆本能寺の変に黒幕あり?→いない。光秀をバカにしすぎ
◆関ヶ原は家康の陰謀? →違う。家康も追い詰められていた
◆義経は陰謀の犠牲者? →誤り。義経の権力は砂上の楼閣だった
「事実」はドラマや小説より面白い。
陰謀論の誤りを最新学説で徹底論破!!
トンデモ説やフェイクニュースが溢れる世の中で騙されないために。
陰謀論の法則まで明らかにする、必読の歴史入門書!


歴オタのみならず、SNSの世界では、呉座 >>>>>> 磯田。
気持ち良いくらいトンデモ論から〇〇史観をばっさり論破してくれて、歴オタ的には「おぉっ!」




「じっと手をみる」 窪美澄
(「BOOK」データベースより)
富士山を望む町で介護士として働く日奈と海斗。老人の世話をし、ショッピングモールだけが息抜きの日奈の生活に、ある時、東京に住む宮澤が庭の草を刈りに、通ってくるようになる。生まれ育った町以外に思いを馳せるようになる日奈。一方、海斗は、日奈への思いを断ち切れぬまま、同僚と関係を深め、家族を支えるためにこの町に縛りつけられるが……。

読了直後、「ガクッ」と云う打ちのめされ感と、持って行き場のない寂寥感、誰もが経験したであろう喪失感。
色んな感情のトルネードにやられちゃったかな。
過去抱えて前に進んで行けるかな。
まだまだ立ち止まって振り返るんだろうな。
少し変わった豊潤な読後感を味わった作品。




「ルビンの壺が割れた」 宿野かほる
(「BOOK」データベースより)
「突然のメッセージで驚かれたことと思います。失礼をお許しください」――送信した相手は、かつて恋人だった女性。SNSでの邂逅から始まったぎこちないやりとりは、徐々に変容を見せ始め……。ジェットコースターのように先の読めない展開、その先に待ち受ける驚愕のラスト。覆面作家によるデビュー作にして、話題沸騰の超問題作!

話題になっていて薦める方もいたので読んでみた。
読ませる筆力は凄くて、ホント一気読みしたんだけれど、ラストは「へっ?」
ミステリーの入門にお薦め。




「あとかた」 千早茜
(「BOOK」データベースより)
実体がないような男との、演技めいた快楽。結婚を控え“変化”を恐れる私に、男が遺したもの(「ほむら」)。傷だらけの女友達が僕の家に住みついた。僕は他の男とは違う。彼女とは絶対に体の関係は持たない(「うろこ」)。死んだ男を近くに感じる。彼はどれほどの孤独に蝕まれていたのだろう。そして、わたしは(「ねいろ」)昏い影の欠片が温かな光を放つ、島清恋愛文学賞受賞の恋愛連作短編集。  

自縄自縛している男女の織り成す恋愛模様と形容していいかと思う連作短編集。
歪な距離感の描き方がホント巧い作家さん。


以下時間切れ
「炎上する君」 西加奈子
「まく子」 西加奈子
「罪の名前」 木原音瀬


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
14
2018

2018 3月読んだ本

CATEGORY書籍







読本
3月は前半に大きい案件処理して、その残務整理に忙殺され挙句、色々トラブル有って平日に仕事バックレたんだよね。


「主婦病」 森美樹
(「BOOK」データベースより)
「たとえ専業主婦でも、女はいざという時のために最低百万円は隠し持っているべきでしょう」。
新聞の悩み相談で目にした回答をきっかけに、美津子はある仕事を始めた。
八時三十分から三時まで、昼休憩を除いて六時間勤務。完全在宅勤務でノルマなし。欠かせないのは、熟したトマト―。
R‐18文学賞読者賞を受賞した「まばたきがスイッチ」をはじめ、生きる孤独と光を描ききる六編を収録!


ここ最近ハマってるR-18文学賞作品。
1人の金髪の青年を軸に繋がる連作短編集。
最初から心中に何か欠落した、何かしら喪失感抱えてる人間と、こんな筈では無かった人間。
諦念抱えて生きる人間と、理不尽に憤る人間。
どちらにせよ女性は強いなぁ。
この手の作品は、その質感、温度、湿度・・・・微妙な感覚で好き嫌いとか合う合わないが有ると思うんですけど、この作品はその辺ハッキリするかな。





「からまる」 千早茜
(「BOOK」データベースより)
地方公務員の武生がアパートの前で偶然知り合った不思議な女。休日になるとふらりとやって来て身体を重ね帰っていくが、彼女の連絡先も職業も分からない。ある日、武生は意外な場所で彼女を目撃してしまう…(第1話「まいまい」)。妻に浮気をされた中年男、不慮の妊娠に悩む女子短大生、クラスで問題を起こした少年…。いまを懸命に生きる7人の男女。泉鏡花賞作家が複雑にからみ合う人間模様を美しく艶やかに描いた群像劇。

武生のアパートにふらりやってくる女、職場の上司と同僚、姉に甥っ子・・・公務員の武生を軸に緩く繋がる連作短編集だけど、武生自身の事はあまり語られない。
誰もが思わぬ事態に直面し思い悩み足掻く、恐らく解答は有るけれど、言葉に出来ない。
それを誰かが可視化してくれる。
それがタイトルの"からまる" ―― 読者も何となく傍らで観ている感じになるから不思議な物語。

千早茜は今年一番ハマりました。



「生きる理由を探している人へ」 大谷ノブ彦+平野啓一郎
(「BOOK」データベースより)
「自殺=悪」の決めつけが遺族を苦しめることもある。それでも自殺は「しないほうがいい」。追いつめられていても、現状から脱出して「違うかたちで生きる」という道を提示できないか。芸人と作家による異色対談。

芸人と作家の異色対談と云うけれど、大谷ノブ彦のラジオはずっと聴いていたし映画関係のコラムなんかも読んでいるから決して異色ではない組み合わせ。
タイトルで「えっ」となるけれど、別に生きるのに理由なんて無いし、"幸福"を狭義する事は無いという事。
自殺の話とか出てくるけれど、肩ひじ張らず読むと良い。
不思議とホッコリする新書でした。


以下時間切れ
「19歳のポルノグラフティ」 藝術学舎アンソロジー
「sex」 石田衣良
「春の庭」 柴崎友香
「星が獣になる季節」 最果タヒ


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
13
2018

2018 2月読んだ本

CATEGORY書籍






読本
「断片的なものの社会学」 岸政彦
(「BOOK」データベースより)
路上のギター弾き、夜の仕事、元ヤクザ…人の語りを聞くということは、ある人生のなかに入っていくということ。社会学者が実際に出会った「解釈できない出来事」をめぐるエッセイ。

昨年、読んだ小説「ビニール傘」が衝撃で、この作家さん何者?と思ったらなんと立命館大教授で社会学者。
ならばフィールドワークの代表作を、と読んだのがこの作品。
ハッキリどうこうと説明できないけれど、不思議な愛おしさと同じくらいの寂しさがMIXしたドラマの連続だった。



「雪炎」 馳星周
(「BOOK」データベースより)
東日本大震災から一年。三基の原発が立地する北海道・道南市で市長選挙が始まった。元公安警察官の和泉は、「廃炉」を公約に掲げて立候補した旧友の弁護士・小島を手伝うことに。何百億円もの原発利権に群がり、しがみつく者たちの警察ぐるみの苛烈な選挙妨害に、和泉は公安警察時代の経験で対抗。しかし、ついには選挙スタッフが殺され…。「現実」を見つめ続ける馳星周の真骨頂、ここにあり!

大震災、脱原発、原発利権、過去のしがらみ、地域の掟・・・・選挙という解り易いプロットにこれらを当てはめた馳星周ノワールの真骨頂で560ページを一気読みしてしまった。 



「慟哭の谷」 木村盛武
(「BOOK」データベースより)
1915年12月、北海道三毛別の開拓地に突如現れた巨大なヒグマは、次々と村人を牙にかけていく―獣害史上最悪となる8名の死者を出した「三毛別事件」の真相とは? 生存者の貴重な証言をもとに元林務官の著者が執念で綴った戦慄のノンフィクション! 著者自身のヒグマ遭遇体験なども収録した特別編集版。

三毛別事件扱った作品と云えば「熊嵐/吉村昭」が有名なんだけれど、こちらは三毛別事件以降に発生した人食事件も掲載。
詳細な取材に基づいた文章は読んでいて只々戦慄するしかなかった。
下手なホラー小説よりも怖いよ。
山城登る時は本当に注意する様になった俺ちゃんです。



「1ミリの後悔もない、はずがない」 一木けい
(「BOOK」データベースより)
「俺いま、すごくやましい気持ち」第15回R‐18文学賞読者賞受賞作。忘れられない恋の記憶。出口の見えない家族関係。心揺さぶる鮮烈なデビュー作。

椎名林檎の帯コメントがヒットの一助になった感が強いけれど、青春期の人間関係に現れる好奇心や嫌な部分 ―― ズルさだったり、嫉妬だったり ―― その辺を赤裸々だけども嫌な感じではなく、程よくスタイリッシュに描かれていて、これは話題になるわなと。
 3月のananに掲載された短編も面白かった。




以下時間切れ
「君よ憤怒の河を渉れ」 西村寿行
「古城秘話」 南條範夫
「惑いの森」 中村文則

12
2018

来る

CATEGORY映画―邦画







来る
幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。
取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈(黒木華)しか知らないはずだった。
そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め......。



物語は序盤の胸糞悪い人間関係だけの嫌な部分から次第にホラーが全開な展開に。

最高に自己中自己愛に富んだ田原と、薄倖臭強いけど裏は下衆な香奈を始め、実は人間が一番怖いんだという処をエグい位ぶち込んだ脚本と演出。

芸達者な役者のキャラ立ちがまた凄かった。

"ホラー"というカテゴリーでは括れないぶっ飛んだ狂気は確かに賛否別れるかな。

原作読んでもう一度鑑賞しようかと。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
11
2018

きっと線路は続くよどこまでも

CATEGORY写真







鉄道01
先週末は諏訪出張。
余裕持って30分前に佐久平駅に到着したものの駐車場がどこもかしこも満車('◇')ゞ 
小淵沢行小海線に乗れず、小諸~しなの鉄道~中央線ルートを選択する事に。

鉄道02

鉄道05
翌日は上諏訪駅から小淵沢駅まで中央線、小淵沢駅から小海線。
本を開いたものの、隣のボックス席の女性3人組の『ちょうどいいブス問題討論会』が面白すぎて聞き入ってしまった。

鉄道03

鉄道04


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
10
2018

信濃 ・ 高島城(再訪)

CATEGORY信州







高島城01

高島城02

高島城03
先週末は諏訪市で所属している法人の会議と忘年会。

チェックインの後、会議前に駆け足で高島城行って、続100名城スタンプGET。

この後、会議して忘年会~二次会~三次会して、ホテルに戻ってきたら午前0時だった。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
09
2018

アクアリウム近況

CATEGORYAQUA







アクア03

アクア01

アクア02
金曜深夜、思いついて半年放置してた水草トリミング。

ガラス掃除する元気は無かったので年末気合い入れてソイル入れ替えがやってやろう。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
08
2018

2018 1月読んだ本

CATEGORY書籍







読本
時節柄、ボチボチ読んだ本のレビューをやろうかなと。
本日は1月読んだ本なんですが、今年の1月2月は本業以外に所属している法人の仕事に忙殺されて夜が全く無かった。
平日は読書時間がゼロでした。


「殺生関白の蜘蛛」 日野真人
これはレビュー書いてた→記事

「深爪流」 深爪
「深爪式」に続いて笑わせてもらった。
セカオザ(スピードワゴン)の帯コメントじゃないけれど、この本読んでる女性大好きです。


「にわとり★すたー」 たなか雄一狼
東京の片隅にある奇妙なアパートで共同生活する草太と楽人の秘密は、大麻の密売で生活していること。自堕落で自由で楽しい日々は、楽人が思いを寄せるシングルマザーの月海とともに生きようしたとき終わりを告げる。二人に迫るヤクザの魔の手。彼らは次第に予測不可能な事態に巻き込まれていく―。都会の吹き溜まりで生きる、ギザギザ傷だらけ男たちのバイオレンス・ラブ・ファンタジー。(「BOOK」データベースより)
映画化に合わせて購読。
独特のタッチに凄く読み辛くて苦労したけれど、最後は胸熱涙腺決壊してた。
これ読んでからDVD見ても良いし、逆も有り。
エログロは好き嫌いハッキリするかな。
  

「音楽が終わった夜に」(再読) 辻仁成
「そこに君がいた」(再読) 辻仁成


映画「嘘を愛する女」の原案が辻仁成のエッセイだったと聞いて再読。
久々に読んだら歳取った分色々思う処有って、胸が痛くる様な感情は失せたけれどやっぱり面白かった。
読後暫くの間、車内でエコーズばかり流してた。

   

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
07
2018

I caught a cold








ねこ あと5分
お天気にシンクロ

もぉ、最悪!


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 


06
2018

斬、

CATEGORY映画―邦画







斬
江戸時代末期の日本は、開国か否かで大きく揺れていた。
困窮の末に藩を後にし、農村の手伝いをする浪人の杢之進(池松壮亮)は、近所に住む姉弟のゆう(蒼井優)と市助(前田隆成)と共に時代の変化を感じながらも静かに過ごしていた。
そこへすご腕の剣士・澤村(塚本晋也)が現れ、杢之進の剣の腕を見込んで動乱の京都に彼を誘おうとする。


開国か攘夷かで荒れる江戸末期。
脱藩浪人、都築杢之進は農村で手伝いの傍ら市助に剣術を教え、自身の鍛錬に明け暮れる日々を送っていた。
市助の姉ゆうとは言葉を交わすことは無いが互いに惹かれていた。
或る日、村郊外で起きた果し合い ―― その勝者、澤村次郎左衛門は杢之進と市助の稽古を見掛け、二人を自身が組織する隊に勧誘する。
悩む杢之進と、家族に反対される市助だが、共に参加を決める。
澤村が残りの同志を探すため村を出た後、無頼の野武士集団がやって来た。



侍として、剣術に励む杢之進。
しかし、その内面は"人が人を斬る" 即ち "人を殺す事"に苦悩していた。 否、恐怖していた。
刀への矜持と怯懦 ―― 杢之進の矛盾を解放しようとするのが「澤村」ならば、救済しようとしたのが「ゆう」なのか。
ゆうの慟哭が山中に響き渡るエンディング。
その声に斬られました。



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
05
2018

ヴェノム

CATEGORY映画-米







ヴェノム
ジャーナリストのエディ・ブロック(トム・ハーディ)は、ライフ財団が人体実験を行っており、死者が出ているという噂を聞きつける。
正義感にかられ、真相を突き止めようと調査を始めた彼は被験者と接触したために、地球外生命体のシンビオートに寄生される。



フリージャーナリストのエディ・ブロックは、恋人アン・ウェイングのPCを盗み見て、新興企業ライフ財団の人体実験の情報を得た。それを財団CEOカールトン・ドレイクに直撃インタビューしたために全てを失ってしまう。
地球滅亡を確信しているカールトン・ドレイクは、彗星から持ち帰った地球外生命体=シンビオートと人類融合の人体実験を行っているのは事実だった。
通報者の協力を得て財団施設に侵入したブロックは事も有ろうか、その地球外生命体=シンビオートに寄生されてしまった。
この地球外生命体=シンビオートがブロックに持ちかける共生 -― こうしてヴェノムが誕生した。



ブロックだって元々が高潔でもないし、正義感に溢れている訳でもない。
ヴェノムには倫理観なんて有る訳が無い。
反骨心旺盛な似た者同士だから不思議と共感して共生するアメリカ版「ど根性ガエル」は、ちょい悪でブラックなバディムービーに仕上がってる。
これはかかりツボに嵌って面白かった。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
04
2018

師走









night walk
10日過ぎまであれやこれや忙し忙し



にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
03
2018

グンマー vs YSCC横浜








グンマーyscc01

グンマーyscc02

前日のJ1最終節の興奮冷めやらぬ勢いでやって来た正田醬油スタジアムでJ3最終節 グンマーvsYSCC横浜。

前半2-1のスコアのまま行くと思ったら、ロスタイムに三沢のFKが直接決まって2-2ドロー。

グンマーは夏の大補強で躍進したものの、リーグ終盤になって貴重な勝ち点を落として順位は5位でフィニッシュ。

今日の試合は今年を象徴する試合だったかな。

甲府同様、今シーズンは前年度の80%分配金頂いたものの昇格出来なかった訳で来シーズンは厳しい予算編成に。

夏期限付きで補強した選手の契約延長出来るかどうかがポイントですね。

対するYSCC横浜もリーグ終盤に連敗重ねて15位でシーズン終了で樋口監督は退任。

こちらは元々J3最小予算。

何人かは個人昇格かな。

この試合で2018シーズンのサッカースタジアム観戦終了。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 

02
2018

アンダー・ザ・シルバーレイク

CATEGORY映画-米








アンダーザシルバーレイク
サム(アンドリュー・ガーフィールド)は、ビッグになりたいという漠然とした夢を抱えて、ロサンゼルスのシルバーレイクにやって来る。
だが現実は厳しく、仕事がない彼は家賃すら払えなかった。
やがてサムは、向かいに引っ越してきた美しいサラ(ライリー・キーオ)に恋をする。何度かデートするが、ある日彼女は姿を消してしまう。



成功を夢見てシルバーレイクにやって来たサムだが、仕事にありつけず家賃も払えない状態。
向いに暮らすサラに恋して、何とか仲良くなったところで彼女が忽然と姿を消してしまった。
折しもシルバーレイクではセレブの怪死、富豪の失踪、深夜の犬殺しと物騒な事件続き。
サムはサラの行方を追うのだが・・・・



ミステリーだし、ホラーだし、ノワール。
だけどもそれ程恐くないのはポップカルチャーとサブカルチャー全開で、その中心に中二病テイストなサムがいる事。
冒頭から不思議な感覚で140分観れちゃった。
こんな青春サスペンスもあるんだな(感服)。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ