FC2ブログ
Top page  1/180
04
2020

2020 7.4 甲府-松本









甲府松本2
甲府(14位/勝点2)-松本(4位/勝点4)

布監督招聘してリニューアルの松本も3バックからオーソドックスな4-4-2に移行。
グンマー時代の布監督は当初選手たちが慣れ親しんだ既存のシステムからスタートして緩やかに方向変換したイメージ。
割と早く監督就任したので意向に沿った補強して、中断期間に充分戦術が浸透したんでしょうか。
期待のFWイズマとジャエルが離脱中で、前節は金沢と対戦して0-0ドロー。
GK白井のスーパーセーブとバーに嫌われたもののセルジーニョのミドルシュートは脅威の一言。
ボランチ藤田かオーガナイズして、屈強FWルカオを封じ込めた守備も見事。

対する甲府
新潟戦は選手交代含めベンチワークの妙が試合に反映されててスゲー楽しかった。
大本営によると本日は新潟戦から若干スタメン変更との事。
内田の裏をケアした新井の負担をもう少し軽減できるボランチが必要かなと思いますけど如何なもんでしょうか。
前線は新潟戦の継続で是非是非。

詳細プレビューは、にほんブログ村/サッカー/甲府にほんブログ村/サッカー/松本 それぞれご覧あれ。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
スポンサーサイト



03
2020

アトミック・ブロンド

CATEGORY映画-米







アトミックブロンド

イギリスの情報機関、MI6ですご腕のスパイとしてその名をとどろかすロレーン・ブロートン(シャーリーズ・セロン)に、新たな指令が下される。
それは、何者かに奪われた最高機密クラスのリストを取り戻すというもの。
ベルリンを訪れたロレーンを待ち受けていたのは世界各国のスパイだった。すさまじい争奪戦の中、ロレーンは超人的な戦闘能力を発揮しながら立ちはだかる敵を倒し……。



ベルリンの壁崩壊前夜のベルリンを舞台にしたスタイリッシュなスパイアクションは、二転三転する脚本と演出が実に巧緻に富んでいた。
久々にアクションと硬派のバランスが取れたスパイ映画を観た感じ。
ちょっと長尺でテンポの悪い部分も有ったけれど、シャーリーズ・セロンの演技が美貌並みに凄かった。
割と長身でガッツリ系だから格闘シーンは映えましたね。
また80年代の音楽が良いBGMになってドラマを彩ってた。
02
2020

ギャロウ・ウォーカー

CATEGORY映画-米







ギャロウウォーカー
西部開拓時代の荒野、恋人を殺害されあだ討ちを心に決めたガンマン、アマン(ウェズリー・スナイプス)は悪党一味を倒すが自身も亡くなってしまう。
彼の母親が息子を生き返らせるため神と結んだ契約によってアマンは生き返るが、彼が殺害した悪党たちもギャロウ・ウォーカーというゾンビとなって復活してしまう。こうして、アマン対ゾンビとの戦闘が始まり……。



凄腕ガンマンのアマンは恋人を殺害され、その復讐にカンサ一味を皆殺しにしたものの死んでしまう。
神に仕えるアマンの母は息子の死を嘆き、神と契約してアマンを生き返らせる。
しかし、アマンが殺害した悪党たちもゾンビとして復活し、アマンはゾンビ狩りをすることになる。



神と現世を繋ぐ洞穴を守る修道女とかスピリチュアルな世界観が添付された西部劇。
養母に育てられた凄腕ガンマンなアマンの設定とか、前世の記憶のまま復活して所作も普通なゾンビの容貌エグいところなんか最高に良い感じ。
それなのに物足りないのは行間端折り過ぎ、適当過ぎる脚本と軽すぎる演出。
所々で名セリフがポンポン出てきて、オープニングもエンディングもカッコイイのに肝心の中身が残念過ぎた。
予告編なんて最高にエモかったんだから。
01
2020

男たちの挽歌 リボーン








男たちの挽歌リボーン
裏社会で密輸をしているカイは、弟チォオには船乗りだと偽って来た。
父親の介護をしていたチャオにとってカイは自慢の兄で、カイを目標にチャオは警察官となった。

或る日、カイと義兄弟マークは、東京のヤクザ組織から麻薬密輸を持ち掛けられるが、信念に合わないからと断ってしまう。
この結果、組織内で対立するピージャの奸計に嵌り、カイはチャオに逮捕されてしまう事に。
父親を殺害された上に、信じていた兄の正体を知ったチャオはカイと絶縁した。

数年後、出所したカイを待っていたマークだが、カイは堅気の道を歩もうとする。
しかし、組織がカイを放っておく筈が無かった。



香港ノワールの大傑作のリメイク版
本家のノワール感、キャストの存在感と色気が圧巻過ぎなのは周知の通り。
本家を知らなければ結構楽しめたかもしれないけれど、知ってる人間からすると、よくぞ此処までの劣化版出したなぁと逆に感心してしまう。
ならばと本家を借りようと思ったら貸し出し中だった。
30
2020

2020 JUN Activity

CATEGORY活動記録






6月
football
お休み
Castle
獅子吼城 (山梨県北杜市)
白山城  (山梨県韮崎市)

book
「叛鬼」 伊東潤
「村に火をつけ、白痴になれ」 栗原康
「スッポンの河さん」 澤宮優
「鬼門の将軍 平将門」 高田崇史
「東京百景」 又吉直樹

cinema
「デッド・ドント・ダイ」

2020.4 best11 
01 内田有紀
02 桜井ユキ 
03 吉田羊
04 河井青葉
05 松本若菜 
06 月船さらら 
07 池田エライザ 
08 笛木優子 
09 趣里   
10 行平あい桂   
11 田中みな実
reserve
12 縄田かのん new!
13 芳野智美
14 石橋けい 
15 日南響子 
16 瀧内公美 
17 久保田直子
18 近江友里恵  


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ

 

29
2020

K I N / キン

CATEGORY映画-米








kin.jpg
少年のイーライ(マイルズ・トゥルイット)は、養父のハル(デニス・クエイド)と生活している。ある日、刑務所から兄のジミー(ジャック・レイナー)が出所し、イーライは再び家族一緒に暮らせると喜ぶが、ジミーはギャングを率いるテイラー(ジェームズ・フランコ)から借りた大金の返済を迫られていた。あるとき、廃虚で見慣れない金属でできたケースを見つけたイーライは、正体不明の追跡者のターゲットになってしまう。

養父と暮らす少年イーライの家庭はちょっと複雑で、そのことで喧嘩になって停学処分を喰らってしまった。
廃墟で銅線を盗んで売りさばいたお金を貯金していたが、ある廃墟で倒れている武装兵士達を目撃、そこから謎の金属ケースを持ち帰った。

自宅では兄ジミーが刑務所から出所して帰宅するが、ジミーは地元ギャング団のリーダー・テイラーから借金返済を求められていた。
或るトラブルから街を飛び出したジミーとイーライはテイラー達から追われる身に。
更にイーライの持つ金属ケースを求めて謎の二人組も追跡を開始した。



イーライの右手甲には記憶にない傷が有って、それがキーワードな物語の殆どが血は繋がっていないが兄弟の絆を再認識するロード―ムービー。
SFシーンは最後の5分含め、全編で10分位。
続編前提の壮大なプロローグ的な作品と解釈すれば・・・まぁいいかな。
「あぁ、今回はここまでか」ってな感じ。 



28
2020

甲府-新潟 リモートマッチ雑感








甲府新潟
取り敢えずの第一声は「新潟強い!

・ 試合再開に安堵

・ バックスタンドの看板に(゚д゚)!

・ ボランチに小椋がいたら・・・・

・ 右SBに武岡がいたら・・・・

・ HTに山本入って試合が締まったなぁ

・ やっぱり終盤に電柱が前線にいるとワクワクするなぁ

・ 何気アスリート性高い選手増えたなぁ

・ 新潟の3得点は見事だったなぁ

・ 先行公式戦スタートしたプロ野球同様、選手の声とベンチの指示は面白い。

以上、そこそこ泥酔でのリポートです。

詳細レポートはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 ・ にほんブログ村/サッカー/アルビレックス新潟
それぞれ御参照下さい。  


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
27
2020

2020 6.27 甲府-新潟








甲府新潟 (2)
甲府(11位/勝点1) - 新潟(1位/勝点3)

ほぼ4カ月振りのリーグ再開です。
実際のところ、各チームどれ位練習できたんでしょうか。
戦術が深まったかどうか、本日は手探りでの実戦では無いかと思います。
スタメン予想つかん。


詳細プレビューはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府 ・ にほんブログ村/サッカー/アルビレックス新潟
それぞれ御参照下さい。  


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
 
26
2020

サンダーストーム 特殊捜査班








サンダーストーム
廉政公署(ICAC)のルク捜査官(ルイス・クー)は贈収賄事件を、聯合財富情報組(JFIU)のラウ捜査官(ジュリアン・チョン)はマネーロンダリング事件を捜査するが共に行き詰まりを迎える。
時を同じくして、ICACの内部調査班L組にルクが賄賂を受け取ったという告発がなされ、ルクは停職処分を受ける。
ラウはルクを陥れた人物が自らの事件に関与していると読み、銀行員のヤウに疑いの目を向ける。
そこへ北京の汚職防止総局から重要な情報が提供され、マネーロンダリングに次官級の幹部が関与していると判明する。
自らの潔白を証明するべく、ルクは全力で悪に立ち向かうが…



或る経済事件を贈収賄案件で捜査するルク捜査官チームと、マネロン案件で捜査するラウ捜査官チーム。
逮捕寸前に容疑者を逃したことで捜査は暗礁に乗り上げ、更にルク捜査官が収賄容疑で停職処分を受けてしまう。
北京からの情報提供でマネロンの黒幕が次官級幹部である事が判明し、ルク捜査官は容疑者達の集まる客船に乗り込んだ。



香港映画人気シリーズ3作目(前2作未見)。
アジア映画特有の犯人グループの小悪党感、小物感、軽さ、安っぽさが全開(誉めてる)。
敵味方問わずメインキャストが功夫使いで、バルクールも全開。
市街地でのド派手な銃撃戦も全開。
脚本の緩さは御愛嬌で結構楽しめる一本でした。

25
2020

スキンウォーカー / 寄生体XXX

CATEGORY映画-米







寄生体XXX
人間に寄生し命と記憶を奪い取る謎の生き物は、かつては一つの体で何年も生きることができたが、最近は数日で体が朽ちるようになっていた。絶えず誰かに成り代わるしかない生き物は、いつも同じバーで会うジュリアに心を奪われるが、同じ姿を維持することも正体を明かすこともできない。しかしあるとき、ついに自分の思い描いた関係を持つことができた。


その謎の生物は人間に寄生して生きていた。
以前は一人に寄生すると数年維持出来たのに、ここ最近は乗り換えても腐敗が直ぐに始まるので、数日で他の人間に成り代わっていた。
そんな生命体が人妻ジュリアに恋をしてしまった。
乗り替わるたびにBARでジュリアと交流し、やがて恋仲になるまで距離を縮めた。
しかし、またも腐敗が始まり、ジュリアに全てを打ち明けようとしたのだが・・・・



謎の寄生体の一人語り。
それが元来の知性なのか、人間に寄生し続けた結果なのか解らんけれど、思考が完全に人間寄り(笑)。
死の恐怖から人から人へ乗り移る連続の筈なのにエンディングは予想を超えていた。
「やれば出来る」が人類を越えた合言葉。
SFスリラーが最後にブラックコメディーになったと感じたのは俺ちゃんだけかな。



24
2020

エル・チカーノ レジェンド・オブ・ストリート・ヒーロー

CATEGORY映画-米







エルチカーノ
ロサンゼルス市警の刑事ディエゴ・エルナンデス(ラウル・カスティーヨ)は、凶悪なカルテルの捜査中に、自ら命を断ったはずの弟の本当の死因と縄張り争いにつながりがあることに気付く。
ルール通りの捜査と自らの正義の間で葛藤するうち、伝説の覆面ヒーロー「エル・チカーノ」の存在を知ったディエゴは、弟の無念を晴らすため、そして生まれ育った街を守るために、ギャングとの戦いに挑む。



イースト・ロサンゼルス。
双子の少年ディエゴとペドロ、友達のホセは、ホセの父親でギャングリーダー・シャドウが伝説の処刑人“エルチカーノ”によって殺害される現場を目撃する。

20年後、ロス市警の刑事となったディエゴはギャングの対立抗争を捜査していたが、その渦中で浮上したのは自殺した弟ペドロだった。
捜査の過程で知ったペドロの志 ―― 服役中のペドロは多くを学んで、ペドロなりの正義でディエゴを助けようとしていたのだった。
ペドロの遺志を継いでギャングと闘うと誓ったディエゴ ―― 対峙するギャングはショットガンこと幼馴染のホセ。



“チカーノ”とはメキシコ系アメリカ人の事。
米墨戦争~カリフォルニア併合に至る歴史的背景と貧困が生み出したのは暴力とアメリカに対する鬱屈。
メキシコ系アメリカ人の為に闘うと誓ったディエゴは普通の警察官。
発明したり、資金に物言わせるセレブリティヒーローでは無いし、虚弱青年がドーピング強化する訳でもない。
等身大の人間が同胞の為に闘う物語は決して派手なアクション物では無いけれど、広義で真面目で実直で不思議なシンパシーに溢れている。
これはシリーズ化して欲しい。



23
2020

The Bort No Boys No Cry ノーボーイズ ノークライ

CATEGORY映画―邦画







ノーボーイズノークライ
古いボートで海を渡り荷物を運ぶ韓国人のヒョング(ハ・ジョンウ)と、海岸で荷物を受け取る亨(妻夫木聡)。
ヒョングは親に捨てられた孤児、亨は家族についての鬱屈した思いを抱えていた。
ある日、いつも運ぶキムチのつぼではなく少女・チス(チャ・スヨン)を運ぶ依頼を受けたヒョングと亨は、失踪したチスの父親探しに巻き込まれるが……。


釜山で様々な荷物を受け取り古いボートで山口まで運ぶヒョングと、その荷物を受け取るヤクザの下っ端の亨。
或る日、ヒョングが請け負ったのは縛られた少女チスで、ヒョングと亨で空きビルの一室に運んだのだが、謎の男達に襲われそうになる。
成り行きでヒョングとチスは亨の自宅へ。
そこでチスの父親が逃亡し、チスは人質になった事を聞かされる。
ヤクザよりも先に父親を見つけたら大金を払うと言われて二人は・・・・・・



幼い時に母親が失踪して家族に飢えているヒョング。
亨は崩壊寸前な家族を抱えて切羽詰まっていた。
複雑な感情抱えつつもタッグを組んだ二人の間に芽生えた絆。
なんだかんだ言って二人が渇望していたのは家族の温もりだったり、単純に愛なんでしょう。
故に残酷なエンディングになったかな。
突っ込めばキリがない脚本と演出だけれど、まぁOK。


22
2020

トリプル9 裏切りのコード

CATEGORY映画-米







トリプル9
アメリカ・アトランタ。
元特殊部隊員と悪徳警官たちで編成された強盗グループを率いるマイケル(キウェテル・イジョフォー)は、銀行襲撃を成功させたのを機にロシアンマフィアとの関わりを絶とうと決意する。
だが、ボスであるイリーナ(ケイト・ウィンスレット)はそれを許さず、マイケルの息子を人質にして国土安全保障省の施設を襲うように迫る。
警官銃撃を意味する緊急コードであるトリプルナインを発動させ、10分だけ市警の機能をストップ。その間に襲撃に挑むマイケルたちだったが……。



悪徳警官マイケルは元ネイビーシールズ隊員と現職警官で編成された強盗チームを率いていた。
ロシアンマフィアの仕事を請け負っていたが、あまりにも危険な仕事なので既に限界。
マフィアリーダーのイリーナはメンバーの一人を殺害した上、マイケルの息子を人質に取って新たな仕事を命じてきた。
それは国土安全保障省施設内に保管されている機密情報の奪取。
断る事も出来ないマイケル達は思いついた ―― “トリプル9” ―― 警官銃撃の緊急コード発動で市警の動きを封じ込める作戦を。
そしてマイケルは銃撃する警官を署内でチームを組む新人クリスに決めた。―― クリスの正義感は煙たがられていたから。
ところが作戦決行当日、予想外の形で“トリプル9”が発動されてしまう。




・マフィアの家族と結婚しない
・薬物中毒者はメンバーに入れない
・アル中もメンバーに入れない
・安易にロシアンマフィアの仕事請け負わない。
・警察組織の秘密コードは利用しない。
・メンバー信用しちゃ駄目。
・犯罪多発地区の住民に迂闊に話し掛けちゃ駄目。
・そもそも警察官が犯罪組織結成しちゃ駄目。
色々教訓になったクライムアクションは、本筋の計画よりも前後で展開された心理戦が面白かった。



21
2020

キラー・エリート

CATEGORY映画-米






キラー・エリート
殺し屋稼業から身を引いたダニー(ジェイソン・ステイサム)は、かつての相棒ハンター(ロバート・デ・ニーロ)がオマーン首長の息子を殺した男たちへの報復に失敗し、捕えられたことを知る。
ハンター解放と引き換えにその仕事を引き継いだダニーだったが、今回の標的に共通しているのは、国家レベルの秘密組織「フェザー・メン」に守られたSAS(英国特殊部隊)の精鋭たちであり……。



殺し屋稼業から引退して悠々自適な暮らしを始めたダニーの許に、相棒ハンターが捕らえられた連絡が入った。
ハンター解放の引き換えに請け負った仕事は、オマーン首長の息子を殺害した犯人への報復。
ところが犯人達はSAS関係者で、秘密組織フェザーメンが背後に控えていた。



SASが絡んでくると、クライムサスペンスが何処か格調高くなってしまう(個人的印象)。
ダニーを支援するメンバー二人も一騎当千レベルで個性的な面々で面白かった(二人とも死んじゃうけれど)。
ジェイソン・ステイサム様主演なので取り敢えず間違いない安定作でした。
広げた脚本纏めてないけれど許容範囲。
続編やるなら、敵はスペツナズでお願いします。
20
2020

シークレット・ミッション

CATEGORY映画-韓国







シークレット・ミッション
北朝鮮のエリートスパイであるリュファン(キム・スヒョン)は、韓国の田舎町に潜入してバカを演じるという命令を受ける。
祖国への忠誠を誓って2年もバカを装っていた彼だが、そこへロックミュージシャンにふんした同じスパイのヘラン(パク・ギウン)と高校生を装うヘジン(イ・ヒョヌ)が合流する。
祖国からの作戦実行の連絡を待ちながら、田舎町の暮らしに慣れ、人々とも交流するリュファンたち。
そして、ついに北朝鮮総政治局に動きが。だが、その作戦内容は彼らが想像しているものとはあまりにかけ離れていた。


北朝鮮特殊部隊のエリート、リュファム少佐に韓国潜入の命令が下って2年が経った。
頭の足りないバカを装って、郊外の雑貨店に住み込み働いて住人のプロファイリングを完璧にこなしてきた。
そんな町内にミュージシャンを装ったヘラン班長と高校生を装ったヘジンが合流する。
やがて彼等にようやく届いた作戦 ―― 自決せよ。
韓国との関係融和で特殊部隊/スパイの存在は邪魔になっていたのだった。
他のスパイたちが自決する中、若い3人は・・・・・。



家主始め近隣住民との人間関係を構築し、誰もがリュファムを空いていた。
エリート故に作戦の意義に疑問が芽生え、或る意味で二律背反に心はささくれ立っている。
リュファムの人間性に信頼を置いているヘランとヘジンにもそれは伝わっていた訳。

前半の緩いコメディータッチから、後半は反転してシリアスで残酷な展開。
物語の落差とスパイ達の心境のシンクロは実に見事だった。
住民達の記憶に残像残して、彼等は彼我の彼方へ。
チョット切なすぎる物語で。











19
2020

SKIN

CATEGORY映画-米







SKIN

6月26日本編公開に先駆けての短編ネット公開。
白人至上主義の両親に育てられた少年と、不条理な暴力で父親を傷つけられた黒人少年。
解っていても止められない負の連鎖 ―― 僅か20分弱の映像がズシンときた。
絶望しか見えなかった物語、果たして本編では光射す展開なのかな。
18
2020

H E R O 英雄








HERO.jpg
秦王のもとに、王を狙った刺客を3人殺したという無名という男が現れた。
その功績を讃え、特別に謁見を許された彼は、刺客を殺した経緯を王に語りはじめる。
しかし、それは多くの謎を含み、話は二転三転していく…。



始皇帝に謁見を許された一人の男 ―― 無名。
彼は始皇帝を狙った3人の刺客 ―― 長空、残剣、飛雪 ―― を倒し、彼等の武器を持参していた。
倒した経緯を話す度に始皇帝の近くに来ることを許される無名。
最初は納得して話を訊いていた始皇帝だが途中で話は二転三転する。
やがて始皇帝は、目前にいる男が刺客だと気がついた。



無名と刺客3人の志は故国となった[趙]への想い。
英邁な始皇帝故に、無名と背後に控える刺客3人の志は理解出来た。
但し類稀なる法治国家である[秦]の論理は無名を許せなかった。
始皇帝は大義を持って非情な指示を下した。

脚本、演出、キャスト、全てが完璧。
美しい映像に、壮大なロケーションに、見事なワイヤーアクション。
これは映画館で観たかった。

17
2020

ザ・ロード

CATEGORY映画-米








ザ・ロード
謎の天変地異がアメリカを襲い、ほとんどすべての動植物が死に絶え、文明も消滅。
そんな世界に残された父(ヴィゴ・モーテンセン)と息子(コディ・スミット=マクフィー)は、ひたすら南を目指して歩き始める。
生き残ったわずかな人々が互いを食らうという狂気の中でも父は決して正気を失わず、息子に人としてのモラルを語り続ける。


世界が終わった後に生まれた息子。
妻は全てに絶望して静かに命を絶った。
父と息子はひたすら南を目指すが、遭遇する人間達に理性などは存在しない ――彼等は最早人間では無かった。
そんな環境でも父は息子に語り掛ける ―― 善を、モラルを、尊厳を、―― 息子が理解出来るか解らないが。



コーマック・マッカーシーの大傑作小説の映像化。
息子を諭す理由は、自分が亡くなった後も人間として生きて欲しいという願望。
そこには自死を選択した妻に対して何もできなかった自責の念も有ったと思う。
やがてくる別離の予感が強くなり父と息子は怯える ―― 観ているこっちも狼狽えた。
エンディング ―― 息子の心に宿った“灯火”の行く先が気になるドラマ。

16
2020

セントラル・インテリジェンス

CATEGORY映画-米








セントラルインテリジェンス
高校時代は人気者だったが今はさえない中年会計士のカルヴィン(ケヴィン・ハート)に、当時いじめられっ子だったボブ(ドウェイン・ジョンソン)から20年ぶりに連絡が入る。
しぶしぶ会ってみると、気弱なデブだったボブは筋骨隆々とした肉体の持ち主になっていた。
しかもボブはCIAエージェントで、濡れ衣を着せられ組織から追われているという。そしてなぜかカルヴィンは彼に手を貸すことになり……。



会計士のカルヴィンは高校時代は文武両道で圧倒的な人気者だったが、20年経った今は冴えないサラリーマン。
そんな彼のもとに同級生ボブ ―― 気弱なデブで学年一のいじめられっ子 ―― から連絡が入った。
待ち合わせ場所に現れたボブは、チンピラ達を秒殺してしまう筋骨隆々マッチョに変貌していた。
CIAエージェントのボブは濡れ衣を着せられて逃亡中 ―― カルヴィンはボブを助ける羽目になる。



万能CIAエージェントのボブにとって、高校時代のイジメは未だにトラウマ。
一方のカルヴィンは、こんな筈じゃなかった系の日々を送っている。
二人揃って、高校の同級会に出席したくない!

そんな二人が事件を通して自分を見つめ直し、自信を取り戻していく様が小気味いい演出とテンポで描かれていた。
アクションシーンも十二分に盛り込まれていて、これは楽しいアクションコメディーだった。




15
2020

THE DEAD DON'T DIE  デッド・ドント・ダイ

CATEGORY映画-米








デッド・ドント・ダイ
ロバートソン署長(ビル・マーレイ)、ピーターソン巡査(アダム・ドライヴァー)、モリソン巡査(クロエ・セヴィニー)が見守るのどかな田舎町センターヴィルで、死者が墓場から次々とよみがえる。
ゾンビは生前の活動に引き寄せられるように町をさまよい、時間を追うごとに増殖していた。
三人の警察官や葬儀屋のゼルダ(ティルダ・スウィントン)、住民たちは、生き残りを懸けてゾンビの大群に立ち向かう。



町民からの通報で巡回に出ていたロバートソン署長とピーターソン巡査は、良く解らないが不審な気配を感じていた。
署に戻るとモリソン巡査も同様だった。
日没が遅くなり、時計は故障し、家畜からペットまで姿をくらましていた。
折しもニュースでは北極圏での水圧破壊工事で地軸がズレて地球の自転がおかしくなったと伝えている。
その夜から続々とゾンビが現れる ―― 彼等は生前の生活習慣に引き寄せられるように町を彷徨う。
警官3人を始め、日本刀使いの葬儀屋ゼルダなど住民達はゾンビに立ち向かうのだが・・・



鑑賞後の脳内は「!??????」てな感じ。
大量発生したのは生活習慣依存ゾンビで、ピーターソン巡査と葬儀屋ゼルダの二人は気持ちに鷹揚も無く、むしろ“あぁ、そう来たか”と淡々。
何か牧歌的で、何処かコミカル。
悲劇的な結末なのに全編を通して緩くて、何だか滑稽。
メタファーを考えるに“これはシニカルなサスペンスコメディー”なんだな。
まぁ、ティルダ様の登場退場シーンに度肝抜かれましたけれど良いですね。