Top page  1/148
25
2016

2016.9.25 柏戦







甲府柏
 柏( 6位/勝点47)
甲府(14位/勝点28)

2ndでリーグ1.2位の攻撃力有する柏。
甲府としては専守防衛が現実。
WBの稲垣、橋爪がそれぞれクリスティアーノ、伊東を封じ込めるかどうかが全てでしょ。

だいたい甲府が日立台で勝利したのって、どれくらい前?
まさか入れ替え戦? 



14 甲府 28  木白横浜福岡湘南鳥栖
15 新潟 27  鹿島磐田浦和G大広島
16 赤鯱 23  仙台福岡磐田神戸湘南
17 福岡 19  神戸赤鯱甲府広島木白
18 湘南 19  磐田木白大宮甲府赤鯱



詳細プレビューは
にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府
にほんブログ村/サッカー/柏レイソル


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
24
2016

GO GO WEST 2016秋 - 3 高取城/弐







高取城21   高取城20   
高取城22   高取城23
二ノ丸から本丸までが結構距離有る。   
高取城24   高取城25
石組みから想像するけど相当の連立天守だったかと。
高取城26
あいにくの曇り空
天気が良ければ吉野方面が一望。
桜のシーズン綺麗でしょ。
天守があった当時は奈良盆地はおろか、比叡山から六甲山まで見られた。
高取城27
一枚だけ自撮り   
高取城30
高取城/高取藩
1332年 南朝方の越智邦澄が築城。
      以後、越智氏の支城、戦国期は本城に。
1583年 筒井順慶に攻められ、越智氏滅亡。
       この時期まで活動した割に越智氏の資料は少ないらしい。これって珍しいけど筒井が抹殺したと想像。
1584年 筒井順慶によって要塞化
1585年 豊臣秀長家臣の脇坂安治、次いで本多利久が城代に。
       この本多利久が近代城郭化した。
1595年 本多利久の子俊政は秀吉直参となり1万5千石拝領
1600年 東軍について2万5千石となり高取藩立藩
1637年 無嗣改易
1640年 旗本植村家政が2万5千石の大名に取り立てられ高取藩再立藩し、維新まで。
      
   1599年 この植村家政は500石旗本で秀忠小姓からスタート
   1614年 大坂冬の陣で徳川方斥候の功績で1千石加増
   1625年 3代将軍家光付、大番頭に任じられ3500石加増
   1633年 加増され9000石の大身旗本。
   1640年 1万6,000石加増、2万5千石の大名に。
   1650年 「儂、頑張った」62歳で死去。
   何か凄い立身出世物語なんだけど、伊東潤さんとか岩井一四三さんあたりが小説にしてくれないかな。
   因みにこの植村家政の生母は依田信審の娘。

帰路は壺阪寺ルートを下る予定だったのに、ぼーっとして往路ルートを下ってしまった。
それくらい疲れてました。
下山中半端ないハイカーとすれ違いました。

スタンプ押したり、これから行かれる方と雑談して駅に着いたら電車が行った直後。
およそ30分の待ち時間でペットボトル3本分の水摂取。
汗が止まらんかった。
予定より1本早い電車で河内長野を目指します。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
23
2016

GO GO WEST 2016秋 - 2 高取城/壱 







高取城01   高取城02
砂防公園との分かれ道から間もなく、苔生すコンクリート道路、やがては板道に。
Walkmanから流れてるのはジャスティン・ビーバー。
両手にストック持ってるもんだから、いじるのも面倒でこのまま行きます。
高取城03   高取城04
高取城05   高取城06
"七曲り"の難路を耐え忍んだ先に"一升坂"
これ完全に修行レベルなんですけど。
あー登山靴買ってよかった。
あーストック買ってよかった。
高取城07   高取城08
猿石・・・明日香口、城下、二の門への分岐点。 何故にあるかは不明らしい。
その猿石の僅か先にニノ門、あと少しと思いきや・・・・
高取城09   高取城10
高取城11   高取城12
高取城13   高取城14
高取城16   高取城15
矢場門、松ノ門、宇陀門、千早門、大手門・・・・どんだけあんねん! 
高取城17   高取城19
ようやく辿りついた二ノ丸、地元の皆さんが草刈作業中。
四阿屋で水分補給して補助食品摂取。
高取城18高取城28
標高583.6メートルの山中にこの見事な石垣。
江戸時代は鬱蒼とした木々は無く、山上に白漆喰塗りの天守の他、29棟の櫓が建て並べられた。
城下町より望む姿は「巽高取雪かと見れば、雪ではござらぬ土佐の城」と謡われたと云う。

山奥すぎて改修ばかりなので、幕府に届けなくても修理OKな唯一な城郭だった。
規模が大きい割に石高は25,000石・・・・お疲れさまです。
本丸から先は次回に。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
22
2016

GO GO WEST 2016秋 - 1 壺阪山高取へ 







奈良へ01  奈良へ02
今年唯一の三連休遠征は関西山城+関ケ原。
金曜日夜発の高速バスで土曜日早朝京都に到着。
早朝から駅構内は結構な混雑です。
奈良へ03  奈良へ04
この時間に開いてる飲食店はないので朝食はコンビニおにぎり。
まずは近鉄京都線で壺阪山を目指します。
奈良へ05  奈良へ06
新祝園・・・しんほうその  読めない(汗)
田原本・・・廃藩置県直前の数年間だけ大名だった平野氏5,000石の城下町。    
奈良へ07  奈良へ11
壺阪山駅到着。
コインロッカーに荷物入れ、駅前のタクシーへ
「高取城の七つ井戸まで・・・・・」
「予約があって行かれへん。すいません」
距離は5㌔だけど、比高350メートルを歩くのか ! いや、登るのか! マジか!

・高取は薬草の町。
 上場企業含む10数社の製薬会社が居を構える。
 人口は7000人弱だけど、財政は豊かかもしれない。
奈良へ09  奈良へ08
・近年、各所で見られる「リアル案山子」やってます。通年っぽいね。
奈良へ10  奈良へ12
くすり資料館と、移築された松の門
奈良へ13  奈良へ14
植村家長屋門
筆頭家老屋敷で現在も使用中。

間もなく民家が途切れ途切れとなり登山道へ。  


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
21
2016

東京 night walk






日比谷界隈
どうか君の夜空に、優しい星が流れますように。
                 ――――――――――星に願いを、月に祈りを / 中村航




夜を撮りに東京を歩きたい




にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
20
2016

スーサイド・スクワッド

CATEGORY映画-米






スーサイド
世界崩壊の危機が到来。
政府は、最強のスナイパーであるデッドショット(ウィル・スミス)や、ジョーカー(ジャレッド・レトー)に夢中のハーレイ・クイン(マーゴット・ロビー)ら、服役中の悪党たちによる特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成する。
命令に背いた者、任務に失敗した者には、自爆装置が作動するという状況で、寄せ集めの悪党たちが戦いに挑む。


スーパーマン亡き後の世界。
世界を脅かす難敵と戦うには悪党しかないと主張する政府高官アマンダ。
実は一番の極悪非道が彼女。
紹介がてら登場するのはバットマンたちに捕まり投獄された悪役たち。
彼等は首に爆弾を埋められて、魔女に身体を乗っ取られた学者と、その恋人の軍人と合流する。
ところがこの魔女が逃げ出して、実弟を覚醒させて最終兵器を作り始めるという設定・・・・あれっ、何処かに似たような話無かったっけ。
まぁそういう内訌、内輪から始まった闘いは、お約束で普通の軍隊は役立たず、特殊部隊スーサイド・スクワッドに丸投げする展開。
敵も微妙、の戦闘シーン含めた脚本も残念なんだけど、スーサイド・スクワッドのメンバーがリーダー格デッドショット筆頭に悪と呼ぶにはほど遠いキャラに仕上がってるのが一番残念。
ただそんな不満を蹴散らして、拭い去って余りあるキャラがハーレイ・クイン。
元精神科医のインテリが、愛するジョーカー以外眼中にないぶっ飛んだダークヒロインとしてキャラ立ち。
ハーレイ・クインの下着姿とホットパンツからはみ出したお尻だけでもう全然OK。

エピローグはお約束の展開が待ってて、まさにアメリカンコミックの世界観。
何だかんだ言って良かったですよ。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
19
2016

見たモノが世界







津和野城15
人間は世界を見ているんじゃない。〝見たもの〟が世界なんだ。
                             ――――――――――トーキョー・プリズン/柳広司




戦国ウォーク3日目
今日は何が見えるかな。
何か出逢えるかな。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
18
2016

戦国てくてく







旅2
三連休は竹田 - 千早 - 高取 ---- 関ケ原と電波遮断して関西の山城、古戦場を旅します。


仙台戦のレポートはにほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府にほんブログ村/サッカー/ベガルタ仙台
それぞれご参照下さい。 


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
17
2016

2016.9.17 仙台戦








甲府仙台
甲府(年間15位/勝点27)
仙台(年間12位/勝点36)

G大阪戦で酷使されたドゥドゥが大破、6週間の戦線離脱。
福岡戦からラスト3戦に期待するとして・・・・ダヴィ解ってる?
入れ替わりに土屋が復帰、仙台のウィルソン、ロペスの突破力ある2トップと対峙することに。

ポゼッション色強い仙台に対して我慢強いられる展開からのカウンター勝負(いつもの事だけどね)しかない甲府。
攻撃のジョーカーは誰だ !



14 新潟 27  横浜鹿島磐田浦和G大広島
15 甲府 27  仙台木白横浜福岡湘南鳥栖
16 赤鯱 23  G大仙台福岡磐田神戸湘南
17 湘南 19  福岡磐田木白大宮甲府赤鯱
18 福岡 16  湘南神戸赤鯱甲府広島木白

詳細プレビューは
にほんブログ村/サッカー/ヴァンフォーレ甲府
にほんブログ村/サッカー/ベガルタ仙台
それぞれご参照下さい。 


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
16
2016

believe








オンザロード
そのまま別々の方向に歩き続けながら、今振り返れば、きっとあの人も振り返ると、強く思った。
                      ――――――――――小説・秒速5センチメートル/新海誠



強さ
期待
自負
それらの裏返しかも



旅行にどの本持って行こうかと、本棚ごそごそやってて読み耽ってしまう法則発動中。

にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
15
2016

超高速 参勤交代 リターンズ

CATEGORY映画―邦画





リターンズ01 リターンズ02
江戸時代、幕府から5日以内の「参勤」という無茶な難題を、知恵と工夫で何とか果たした湯長谷藩。
藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)率いる一行は帰途に就く「交代」の道中、湯長谷で一揆が起きたという知らせに仰天する。
それは彼らに敗北した老中松平信祝(陣内孝則)の逆襲で、一揆を鎮めるため帰郷した政醇達だったが、城は奪われており…。


5日以内での"参勤"を終え、帰路"交代"はのんびりした旅のはずだった。
ところが牛久宿で側室に迎えたお咲きとの祝言の最中、江戸家老瀬川が飛び込んできた。
 ―――湯長谷で一揆が発生、既に幕府目付が確認に向かっている!
実は失脚した老中松平信祝が恩赦で復権して画策したもの。これには様々な思惑が含まれていた。
そんな老中の陰謀など知る筈がない内藤政醇主従は幕府目付の先回りをすべく不眠不休で湯長谷を目指すことになる。



前回同様、物語の筋は反骨で骨太。
そこに荒唐無稽で抱腹絶倒なテイストが満載ドラマになってます。
前作に比べて少し脚本にご都合的主義が目立つけど、日本人が大好きな勧善懲悪な時代劇の王道だからその辺は問題ない。
むしろキャラ立ちが薄くなった方が残念かな。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
14
2016

都市伝説

都市伝説


先日、地下鉄で少女が線路上を走ってる目撃情報があって、駅員が確認したというお話。
以前からホームレスが住んでるという都市伝説、目撃情報が絶えないのが東京地下鉄。

「で、でかいっ! 」
昔、某地下鉄駅で、線路上を巨大ネズミとそれを追撃する巨大猫を目撃したことが有ったので、そろそろ子供が走っていても不思議じゃない。・・・・いや駄目だけど将来は解らんよ。


にほんブログ村 サッカーブログ ヴァンフォーレ甲府へ    人気ブログランキングへ
13
2016

彷徨

彷徨


"何もかも諦めて心静かに暮らしていこうと決めたはずなのに、頭の片隅でまだ何かを期待して、
    誰かに必要とされたいと思っている。捨てたものをごみ箱をあさって捜している。"
                                  ―――――――――――恋愛中毒/山本文緒


ひょんな事からそんな気持ちになった。
それを腐す、鼻で笑う、足蹴にする権利なんて誰にも無い。
そういう奴に限って方便常套上等
そんな奴はホント死んでほしい。
独り言と一緒に街を彷徨。

12
2016

上野国・小幡陣屋



小幡陣屋01
寛永6年(1629年)織田信昌によって築かれた。

ここで小幡藩を・・・
1590年 家康関東移封で娘婿・奥平信昌が3万石でに入封。
1601年 奥平信昌  美濃加納藩10万石に加増移封
1601年 水野忠清  1万石
1615年 水野忠清  三河刈谷2万石に加増移封   
1615年 織田信雄に大和宇陀3万石に加え上野甘楽郡2万石加増
       信雄はこれを四男信良に分封、小幡藩を立藩
       織田信長孫なので国主待遇に。
1767年 七代信邦は、山県大弐の明和事件に連座して信邦は蟄居、弟の信浮が八代に。
       出羽国高畑2万石転封
1767年 若年寄の奥平松平忠恒 上野上里見藩から2万石スライド移封
       以降4代で明治維新へ。
       歴代藩主が全員幕府の要職を歴任・・・・・・ばら撒くものも多いから藩は貧乏だった定説。
       3代忠恵の時には借金が収入の10倍を越え、完全に藩経営が破綻していた。
       サラブレッドな家柄だけど、戊辰戦争では速攻新政府軍に。       

小幡陣屋02 小幡陣屋03
小幡陣屋04 小幡陣屋05
ついでに陣屋建てた織田信昌の祖父、織田信長の次男信雄の所領を羅列してみた
1569年 北畠家養子 50万石くらい。
1582年 清須会議で100万石(尾張・伊賀・南伊勢)
1584年 滝川一益の北伊勢領吸収して120万石
       小牧長久手後、伊賀と伊勢放棄して・・・50万石くらいかな。
1590年 小田原合戦で不手際、改易の上、下野烏山、更に出羽秋田、伊予配流
1592年 御伽衆として、大和内に1万8000石 
       嫡男秀雄には別に越前大野5万石
1600年 西軍寄りと見做され改易、豊臣家出仕
1614年 大阪冬の陣直前に大阪出奔
       大和宇陀3万石
1615年 上野小幡2万石加増で5万石  これは四男信良に。
1630年 隠棲していた京都で死去

関わった誰よりも長生き。
京都での晩年はお気楽だったのか、日々後悔してたのか。
どう評価したらいいか解らん人生ね(笑)。

小幡陣屋06    信雄が手掛けた楽山園
由来は論語の「智者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ」から。
群馬県初の国指定名勝
小幡陣屋07 小幡陣屋08
小幡陣屋09 小幡陣屋10
小幡陣屋11 小幡陣屋12
実は景色はいいけど、雨上がりで蒸してて退散モード全開。

写真撮らなかったけど、小幡城下は武家屋敷や古い町並みが整備されてて甘楽町の気合いがよくわかります。

小幡陣屋14
帰路、道の駅甘楽で昼食取ろうと寄ったら大混雑で断念。
お土産は家族にたいそう喜ばれた。

夜になり、少し気持ちも晴れたかな。と思ってたところに、俺様を言葉で瞬殺した相手からメール。
お詫びかと思ったら、「山登って最高の気持ちです。」と(唖然)。
これで撃沈。
いくらなんでもあんまりでしょ。
この後暴れまして扇風機を木っ端微塵に。
Twitterには「新しい・・・」「若い・・・・」
それ言うな(怒)。
それで先週月曜日のブログに繋がったのが事の顛末。

11
2016

2ndreg G大阪戦はこうなった







先発
GK  河田
DF  新里   山本  津田 
MF  松橋   保坂 パラナ 橋爪
FW  稲垣   田中 ドゥドゥ

04 G大阪のミスからまさかの先制 1-0
   よく田中が足出せた。
   それも相手DFの重心かかってない足側
06 そんな直後に遠藤Fkから長澤のヘッドで1-1
15 ドゥドゥと井手口が接触
   井手口は内側やらかしたかな
21 G大阪のCK 当然の遠藤
22 田中のミドルは東口が弾いた
   甲府のCK連発
26 井手口のオフサイド
   でも崩されてた
27  松橋が左膝負傷でout
29  黒木in
    田中がWBかな
31  ドゥドゥの突進を米倉倒してFK
37  ドゥドゥが角度のない処から。
    保坂もつめてた
38  甲府CK連発
48  G大阪FK 

(HT)
55  山本からドゥドゥ 
    その先が・・・
59  G大阪のCK  
60  この辺からG大阪のペース
63  G大阪のCKからキムジョンヤのヘッドはバー
64  河田が飛び出したところに倉田のシュートはネット
79  これまで怖くなかった倉田の個人技で活路開いて倉田のゴール。
    これは倉田がお見事だけど、その前のバックパスは頂けないよ。
81  そのバックパスやらかした稲垣に代わってダヴィ投入
88  保坂に代わって森クン

このまま1-2で終了。

・黒木の交代は別として、その後の交代の遅さ&起用は疑問符
 ダヴイ投入は全くの無意味   
・アデミウソンはやっぱり恐いな。
・繋げないのなら大きくクリアしてもいいんだけど、その辺の判断が甘かった。
・失点に繋がらなかったけれど、際どい横パス多すぎ。
・G大阪相手に果敢に攻めた。
 まぁ持たされた感はあるんだけど勇気ある試合展開だった。
 2点目に繋がるミスは痛かった。
 露骨にドロー狙いでも良かったかな。



14 新潟 27  横浜鹿島磐田浦和G大広島
15 甲府 27  仙台木白横浜福岡湘南鳥栖
16 赤鯱 23  G大仙台福岡磐田神戸湘南
17 湘南 19  福岡磐田木白大宮甲府赤鯱
18 福岡 16  湘南神戸赤鯱甲府広島木白